UQモバイルとauPAYを使ったキャッシュレス環境と活用メリット

本記事ではスマホ決済・キャッシュレス決済の導入についてUQモバイルとauPAYを活用するメリットと優位性を語ります。

UQモバイルとauPAYを活用したキャッシュレス環境を整えてからはポイントの取りこぼしもなく、かなり節約に役立っています。

今回も実体験をもとにUQモバイルとauPAYで構築するキャッシュレス環境の魅力を語ります。

UQモバイルとauPAYを使ったスマホ決済方法

auPAYは携帯電話会社のauを運営するKDDIが提供のキャッシュレス決済サービス。

コマーシャルでもその使い方を伝えているとおりアプリに表示されるQRコードで支払いができる。

現在使うスマホはiPhone7なのでアップルウオレットにauPAYを設定し決済に使うことが多い。

auPAYで決済するとPontaポイントが貯まり支払い代金などに充てるメリットが得られる。

さてこのauPAYはauの携帯契約は必要ない。

KDDIの仕様変更によって通信契約を問わずauPAYを利用できるようになった。

もちろんKDDI純血サービスのauスマホならauPAY導入もスムーズ。

おそらくauなら店舗でauPAYについて店員さんから手取り足取りレクチャーを受けることもできる。

けれどauスマホは月額料金が高いところがジリ貧生活を送る立場としてはかなりデメリット。

店舗に丸投げすればラクかもしれないがその代わり高額な携帯代としての対価はかなり高くつく。

できるだけ人の手を借りず、分からないことは自分で調べて自分で解決し設定を行う。

費用をかけずにリテラシーで切り抜けるのがジリ貧の強みである。

UQモバイルの活用メリット

そこで活用したのが格安SIMの【UQモバイル】。

UQモバイルはauと同じKDDIが運営するサービス。

つまりauのサブブランド的なポジション。

2020年5月からOCNモバイルONEで契約のiPhoneにauPAYアプリを設定し日常的な買い物に使いだした。

さらに特典メリットを追求する目的でauPAY導入の3か月後にUQモバイルにMNP乗り換えを行った。

個人的な見解としてauPAYを活用するならauではなくて絶対的にUQモバイルがおすすめ。

UQモバイルを薦める理由はカンタン。

UQモバイルなら月額2000円ほどでiPhoneを使えることができてauPAYクレジットカードの発行で5000円分のポイント特典を受けることができる。

特典で得られた5000ポイントはPontaポイントとしてauPAYに振り込まれる。

もちろんauPAYで日常のお買い物に活用できる。

コンビニで可愛い店員さんにカッコよく「auPAYで!」とスマートに伝え画面のQRコードを読み取りリーダーに向ければ決済完了。

コロナ禍のなか現金を触れず買い物ができるキャッシュレス決済は活用すべき。

UQモバイルのデメリットと対応策

UQモバイルのデメリットは開通設定など自分で対応することが大前提。

下記記事でUQモバイルの開通設定について解説しています。

そんなのムリだよーと思うアナタに逃げ道もある。

UQモバイルはちゃんと実店舗の存在もあり設定などの不明点も対応してくれる。

もちろん店舗数としては多くはないが最寄の店舗に車でピュンと行ってしまえば1日で終わる。

夕方にはスマホを眺めながらニヤニヤできるハズ。

でもニヤニヤするのはまだ早い。

本当のニヤニヤはauPAYを導入しPontaポイントがじゃばじゃば溜まる画面を見てからだ。

auPAYを活用するメリットと優位性

個人的な見解からauPAYを活用するメリットと優位性を語ってみます。

▼auPAYのメリットと優位性

  • ほとんどの店舗でauPAYを利用できる
  • auPAYクレジットカードからのチャージでポイント2重取り
  • 節約メリットが高い

ざっくり言うとこの3つの効果がデカい。

auPAYはコンビニはもちろんドラッグストア等あらゆる店舗で利用できる。

もちろんauPAYを使った決済によってPontaポイントが付与される。

さらにUQモバイルから発行のauPAYクレジットカードの情報をauPAYアプリに紐付けを行うとカードからauPAY口座へのチャージによってポイントを2重ゲット。

つまり1万円をauPAYクレジットカードからチャージするだけで100ポイントが発行される。

次にチャージした1万円分を使って買い物すると最低でも0.5パー分のPontaポイントが付く。

結局1万円の資金がチャージとauPAYを経由することで150円増資されることになる。

さらにauPAYの利用とチャージ回数が月ごとにカウント集計され【ポイントプログラム】でのステージが上がっていく。

ステージごとにPontaポイントの還元率が高くなりさらにPontaポイントが貯まる仕組みとなる。

スゴイ!

こうして溜まったポイントはauPAYクレジットカードの引き落とし代金に充当することも可能。

自分は出光昭和シェルガソリンスタンドで給油代金の支払いに充てている。

auPAYの機能性と使い勝手は利便性が高く節約メリットが得られると評価している。

何度も言うがauPAYのスタートはUQモバイルからアプローチするのがメリットを最大化する秘訣。

まずはUQモバイルでスマホあるいはSIMカードを契約する。

その次にUQモバイル公式ページからauPAYクレジットカードを発行し5000ポイント特典をゲット。

auPAYアプリにポイント付与を確認できたあとはUQモバイルでスマホライフを継続するもヨシ。

MNPで他社携帯に乗り換えるも自由。

とにかくauPAYへの入り口はUQモバイルを選ぶこと。

auPAYで得られる節約メリットは下記記事でも触れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA