高齢者ドライバーは今後自動ブレーキ搭載車以外は運転NG?必要な対策は?

高齢者ドライバーの交通事故や事件が毎日のようにテレビメディアで報道されています。

毎日の報道で無関係な人々の命が奪われているという現実があるのに痛ましいニュースを耳にしない日はありません。

もし自分が加害者だったら・・・

もし自分の家族や大切な人が被害にあってしまったら・・・

クルマを日常的に運転する人間としては無関心ではおれません。

あなたならどう対応しますか?

選択肢としては免許返納やクルマを運転しないという対応を取ることも可能かもしれません。

しかし現実問題、車を手放すことが出来ないという生活環境の方は多いのではないでしょうか?

ぼくもそうした状況に立たされている一人です。

こうした現状を政府や関係団体は問題視し対策として新たな限定免許制度の設置に動き出そうとしています。

この限定免許制度が実際に開始されると対象となるドライバーは自動ブレーキなどの安全機能が装着された車両しか運転できなくなると報道されています。

つまりいままで乗っていた車を運転することは出来なくなるのです。

そこで対応が必要となるのが安全機能が装備された自動車の買い替えです。

なぜ買い替えが必要なのかというと自動ブレーキの装置は後付けができないからです。

安全機能にはおおまかに分類すると急発進を制御する装置と自動ブレーキに分かれます。

急発進抑制装置だけの対応で済むのなら自動車メーカー以外から販売された後付装置での対処が可能です。

しかし先ほどの自動ブレーキを含めた限定条件での免許となると車両の購入時でしか対応することができません。

もし仮に新車の乗り換えが予算的に難しい状況でも自動ブレーキや踏み間違いを抑制するサポカーSという機能がついた中古車を選べば良いでしょう。

そうした車両の買い替えまでのつなぎとして後付け方式の急発進抑制装置を取り付けるのも対策として有効かもしれません。

自治体では装置の購入に助成費用を検討しているとの情報も出ています。

むろんこの対応はあくまで誤発進に対しての対策です。

万全な対策と高齢者限定免許に対応するためには遅かれ早かれ自動ブレーキ装置が搭載された車が必要となるのは時間の問題でしょう。

買い替えを先延ばししても所有している車は走行距離が増加することや年式が古くなると資産価値としては評価されなくなります。

つまり日が1日経つごとに価値は目減りしていきます。

そこで先ずは数字として把握しておきたいのが愛車の金額です。

愛車の買い取り金額を知っておけば自動ブレーキが搭載された車に乗り換えるために追加でいくらぐらいの予算が必要か計画を立てることができます。

うまく行けば持ち出しなしで乗り換えることも可能になります。

「善は急げ」のことわざどうり対応されることをおすすめします。

そこで愛車の金額を知るために便利なサービスが買い取り査定です。

複数の買い取り業者から一斉に見積もりを取ることもできる売り手に有利なサービスがあるのです。

これなら楽ちんですし、わざわざ実際の店舗に行く手間も省けます。

痛ましい事故を起こす前にぜひ安全装置が付いたお気に入りの1台を見つけましょう!

高額の車査定会社を見つけるなら、一括査定.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA