生漢煎 苓桂朮甘湯でふわふわめまいは治る? 特徴・効能とコスパを評価!

【更新情報】2019年3月16日追記

この記事ではめまいや耳鳴りの症状を改善する漢方薬【生漢煎 苓桂朮甘湯】(しょうかんせん りょうけいじゅつかんとう)について効能やメリット・デメリットについて評価・解説しています。

この記事をチェックすることで得られる情報
  • ふわふわ目まいに悩んでいるが良い解決策がみつからない。
  • ふわふわめまいを改善する漢方薬と効能が知りたい。
  • 病院でめまいの治療を受けているが治る気がしない。

ではこれより本題です。

ある日を境に突然感じるふわふわする目まい・・・

こんな症状に悩む人は意外と多いのではないでしょうか?

じつは60歳を迎える友人が同じようにふわふわするめまいの症状で日常生活も普通に送れなくなりました。

ひどい時には目覚めてベッドから起き上がるのも辛く、ときには耳鳴りも併発する場合もあるほどです。

そんな状態では、もう仕事どころか日常生活にも支障をきたすほどの症状になり車の運転もできなくなりました。

そこで家族の勧めもあり大学病院で診察を受けてみることにしましたが、精密検査の結果は異常なしとの見解です。

さらに医師の説明では異常なしではあるけれど、血行不良(冷え性)の傾向があり目まいの不調に現れているとの内容だったのです。

最終的には病院での治療は特に必要なく気休めのビタミン剤を処方されただけです。

そこで治療方法もなく目まい対策に困っていた友人の問題を改善したいと情報を求めていた時に漢方を使った【生漢煎 苓桂朮甘湯】の存在に出会いました。

ぼくの体調を日ごろから気にかけてくれている彼のために生漢煎 苓桂朮甘湯を細かくチェックした結果、生漢煎 苓桂朮甘湯でふわふわめまいも治る可能性が高いと判明しましたのでレポートします。

先にふわふわめまいにも効く生漢煎 苓桂朮甘湯がお得になる公式サイトをみたい方はこちらをどうぞ。

>>>めまい、耳鳴りに効く!第2類医薬品+【生漢煎 苓桂朮甘湯】

もし同じように目まいや自律神経の不調に悩む方のヒントとなれば嬉しいです。

では、どうして生漢煎 苓桂朮甘湯でふわふわめまいも治るのか詳しく調べてみたので、じっくりご覧ください。

では最後までよろしくお願いいたします。

ふわふわめまいに対策は?

ふわふわ目眩が治らずに困っている友人の問題が冷え性が影響していると聞いたぼくは自分自身の健康に役立ているお灸を薦めてみました。

なぜお灸がオススメなのか?

じつは僕は若い頃のオートバイ事故で脊髄損傷の身体になってしまい、その影響から色々な不調に襲われることもしばしばです。

【関連記事】【プロフィール】ミドルエイジなおじさん「ふとし」と柴犬「てれちゃん」の自己紹介

下半身が全く動かせない半身麻痺の障害からくる影響に加えて、冬場の冷えで便秘や腰痛・背中のしびれ、さらには褥瘡の問題など不調が重なると死にたくなるほど憂うつになってしまいます。

これじゃ本当に病人みたいになってしまうと危機感を抱いた僕は、日ごろ治療でお世話になっている鍼灸院の先生にお灸のやり方を教えてもらいました。

それからは血行が悪く褥瘡になりかけの皮膚の色が悪い部分にお灸を集中的に行うことで傷口の悪化を防止することに役立てています。

お灸の温熱効果によって体を温めておくことで腸の動きも活発になりますし、免疫にも関係しますよね?

【関連記事】腸内環境(腸内フローラ)も免疫力に影響する?善玉菌を増やす成分や材料は?

こうした不調を解決するために、ぼくはお灸を生活に取り入れることで健康維持に役立てているワケです。

そこでぼくは彼にすぐに実践できる方法として先ずはお灸を試してみたら?と提案しました。

めまいが悪化する彼はセカンドオピニオンで別の病院で診てもらおうかと考えているところでした。

しかしあちこち病院を変え受診すると初診料を含めて診察代がかさむばかりです。

もちろん問題は診察代だけではありません。

病院は待ち時間も長く大学病院なら、なおさら時間がかかります。

診察室に呼ばれるまで約4時間待たされて、たったの数分で診察が終わったあとはまた受付で支払いと薬局で数時間待ち続けなければなりません。

全てが終わり自宅へ戻ることができるのは帰宅を急ぐサラリーマンがごった返す通勤ラッシュと同じ時間帯にぶつかり帰宅は6時や7時頃になってしまいます。

もし僕ならうんざりします。

ですが、お灸ならドラッグストアで千円程度で購入できますし、すぐに実践できます。

これで難儀な目まいが治ったら費用対効果で考えてもコスパは抜群です。

さっそく彼はお嫁さんにお灸を買ってきて貰ってケアを実践してくれました。

しかし問題があったのです。

お灸は部屋に煙が充満する上に、時間もそれなりにかかるので仕事で帰りが遅くなると面倒で長続きせず彼の生活環境には合わなかったようです。

けれど何も対策しなければ目まいの不調を抱えたままで改善に結びつきません。

それならば何か血行不良と冷え性解決に役立ち、なおかつ続けやすいものを探してみたところ【生漢煎 苓桂朮甘湯】という漢方薬の存在に出会いました。

生漢煎 苓桂朮甘湯とは?ふわふわめまいは治る?

生漢煎 苓桂朮甘湯は漢字だらけで大変読みにくい商品名ですが【しょうかんせん りょうけいじゅつかんとう】と読みます。

この漢字ばかりの雰囲気が示しているように生漢煎 苓桂朮甘湯は漢方薬を使った医薬品であると公式ページから読み取れます。

さてこの生漢煎 苓桂朮甘湯は友人を襲ったふわふわするめまいや耳鳴りなどに役立つものであることが公式ページの情報から分かりました。

じつは目まいや耳鳴りなどの自律神経に関係する症状は病院で診察を受けてもなかなか経過は良くならないケースがやはり多く、対策に困っている方は本当に多いようです。

ぼくは友人の目眩を解決する良い方法がないか調べるために悩み相談のコミュニティサイトを確認してみたのですが、数か月通院してもめまいが治らないという書き込みは意外に多く問題の深刻さが分かりました。

このような医療機関でも解決しないめまいや耳鳴りの不調を漢方薬の効果でアプローチしようと考えられたのが【生漢煎 苓桂朮甘湯】となります。

生漢煎 苓桂朮甘湯なら効能が認められた漢方薬を使っていて安心ですし、公式サイトをチェックするとハッキリと効果を明確にしています。

さらにサプリメントのような飲みやすいパッケージで携帯性にも優れています。

(生漢煎 苓桂朮甘湯はサプリではなく漢方を使った医薬品です。)

これならふわふわめまいの対策に役立てられそうですし、なにより手軽に飲むことができるので続けることができそうです。

では生漢煎 苓桂朮甘湯がどのように不調を解決するのか成分などの特徴を公式ページより探ってみたいと思います。

生漢煎 苓桂朮甘湯の特徴とは?

生漢煎 苓桂朮甘湯の特徴を公式ページからまとめてみます。

生漢煎 苓桂朮甘湯のコンセプト
    現代医療でもアプローチが難しい、めまいや耳鳴りの問題を改善する

    ・私たちの日常は職場や生活環境によってストレスにさらされています。その影響で睡眠不足や血行不順・自律神経に関わる体調不良に悩まされています。

    こうした問題は医療機関の診察では結果が出にくく多くの人を悩ませています。

    そこで東洋医学を根拠にしたアプローチで改善を図ろうとするのが【生漢煎 苓桂朮甘湯】のコンセプトになります。

    東洋医学に伝わる漢方(薬草)を活用し巡りを改善

    ・さまざまな不調の原因を東洋医学では「気」、「 血」、「 水」 に滞りが影響し不調を招くと考えられています。

    めまいや耳鳴りの症状も滞りに関係すると東洋医学では考えられています。

    この滞りを漢方薬(薬草)の効果で改善し巡り(不順)を本来の姿に戻す働きを行います。

    滞りの問題を4種類の漢方薬の働きで改善

    自律神経や目まい、耳なりなどの不調に働きかけるために下記の4つの薬草が配合されています。

  • 茯苓(ぶくりょう)
  • 桂皮(けいひ)
  • 白朮(びゃくじゅつ)
  • 甘草(かんぞう)

生漢煎 苓桂朮甘湯の公式ページからコンセプトと特徴をまとめてみましたがいかがでしょうか?

特徴などは理解できましたが、配合される4つの漢方薬が一体どんな効果を持つものなのか気になります。

そこで4つの薬草(漢方薬)がどんな働きを持ち、めまいや耳鳴りなどの不調に作用するものか、効能や特徴を詳しくチェックしてみたいと思います。

生漢煎 苓桂朮甘湯に配合される漢方の効能は?

生漢煎 苓桂朮甘湯の公式ページでは4つの薬草成分について残念ながら詳しく記載されてなかったので、効果や特徴などインターネットから情報を探りまとめて見ました。

ではそれぞれの薬草のポイントをまとめます。

茯苓(ぶくりょう)

茯苓はマツホド(松塊) と呼ばれるサルノコシカケ科に属する菌類の一種となっています。

ブクリョウの原料となるマツホドは漢方の本場中国では東南部地方で栽培され日本にも自生しアカマツなどの根っこに形成されます。

効能としては利尿作用を促し、胃を本来の健康的な状態にコントロールすることに使用されています。

また、むくみやめまい、胃の中にとどまった水分を排出する働きや精神安定にも用いられるとありました。

桂皮(けいひ)

クスノキ科カシアと呼ばれ(別名ではトンキン肉桂)木の樹皮や根皮を乾燥させたものが材料になります。

用法と効能は生薬として発汗・解熱・鎮痛に使われ胃の健康にも良いとされてます。

白朮(びゃくじゅつ)

オケラあるいはオオバナオケラの根茎を乾燥したものが材料となります。

効能としては気の働きを助けたり、水分代謝を調節したりして、消化器官を健やかにする働きがあります。

オケラにまつわる豆知識

古くから白朮(オケラ)には邪気を払う力があると信じられてきたことから「オケラ詣り」で知られる京都の八坂神社の初詣は、白朮を燃やした火を持ち帰る神事で知られています。

甘草(かんぞう)

マメ科甘草属植物の根や根茎を乾燥させたものが材料になります。

自然の甘さを持つ甘草は古来より菓子や調味料に使われてきた植物です。

およそ70パーセントの漢方薬に活用される甘草の効能は抗炎症作用と体内の水分を保つ働きに特徴があります。

漢方薬の効果まとめ

生漢煎 苓桂朮甘湯に使用される薬草の効能などを調べた結果、四つの漢方はめまい・耳鳴りの不調に働きかける効能を持つものだとわかりました。

生漢煎 苓桂朮甘湯の評判と口コミは?

効果や効能など信頼できる材料が入っていることがわかりましたが、実際のユーザーさんの評判と口コミも気になります。

そこで口コミなど情報を集めて見ましたが残念ながら公式ページに記載されている利用者さんの声しか確認できるものはなくインターネットで検索しても公式サイトの内容を転載したものばかりです。

口コミから苓桂朮甘湯が役立つのかを知る方法は無いのかな?とあきらめかけたとき僕はピンと閃きました。

生漢煎 苓桂朮甘湯に配合される四つの薬草はよくよく考えると古い歴史をもつ東洋医学でずっと評価されてきたものです。

歴史が証明していることを考えれば評判や口コミを気にかける必要はないと感じました。

公式ページをチェックしていただくと購入者さんのコメントが同じ症状を抱える人への励みになるのではと思います。

生漢煎 苓桂朮甘湯を販売するのはどんな企業?

生漢煎 苓桂朮甘湯を販売している企業についても調べて見ました。

生漢煎 苓桂朮甘湯は株式会社アインファーマシーズで販売されており、上記に掲載しているアイングループの関連企業となります。

アイングループは調剤薬局(ファーマシー)分野と女性の美容をサポートするトータルビューティーショップの2つの事業展開を行う東証一部上場の優れた企業です。

こうした社会的にも責任ある企業が提供する【生漢煎 苓桂朮甘湯】は国内で製造された商品ですから安心して健康に役立てることができます。

さらに安心と信頼性を提供するために生漢煎 苓桂朮甘湯のホームページには万が一のトラブルに備えた相談窓口も案内されています。

生漢煎 苓桂朮甘湯の相談窓口
  • 相談時及び緊急時の連絡先アインズ&トルペ
  • ○電話: 0120-50-1068(固定電話・PHSから)
                    0570-550-168(携帯電話から)
    ○E-mail: support★ainz-tulpe.com
         (★の部分をアットマークに入れ替えてください)

  • 医薬品による健康被害の救済と制度
  • ○健康被害救済制度
    独立行政法人医薬品医療機器総合機構
    (医薬品、生物由来製品による健康被害の救済に取組む機関です。)
    http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai.html

    ○救済制度相談窓口
    ・電話:0120-149-931(相談受付 9:00-17:00)
    ・E-mail:kyufu★pmda.go.jp
    (★の部分をアットマークに入れ替えてください)

調剤薬局を全国展開で運営する社会的に認められた企業が販売する医薬品であることが分かり安心して友人にも勧められます。

生漢煎 苓桂朮甘湯の価格とコスパ

では生漢煎 苓桂朮甘湯の価格と商品のバリエーションをチェックしたいと思います。

生漢煎 苓桂朮甘湯の商品バリエーションでは3箱を3ヶ月ごとに受け取る「おまとめ定期コース」と「1箱ごとの定期コース」、さらに1個づつ注文する単品購入方法に分かれています。

このバリエーションの違いでのポイントは通常購入なら¥12,800の価格になるものが購入方法によってはお得な価格で購入できるメリットにあります。

しかし買い方によっては逆に大きくコストがかかってしまうこともあり継続期間と症状をよく確認して購入する必要があると思いました。

では仮に期間の余裕をみて最低でも3か月の利用を仮定した場合、購入プランごとに費用がどれほど変わってくるのか検証してみます。

まずは基本的な価格設定を確認してみましょう。

(2019年1月現在の税抜き表記の金額です)

生漢煎 苓桂朮甘湯の基本価格とバリエーション

  • 初回限定価格¥5,900
  • 初回購入以降の単品注文通常価格¥12,800
  • 1箱ごとお届け定期コース初回価格¥5,900→継続価格¥9,800
  • 3ヶ月定期コース初回価格¥23,700→2回目以降¥27,600
  • さらに購入プランごとに3か月継続した場合の費用を検証しておきます。

    単品購入プランでの3か月継続費用と内訳
  • 初回価格¥5,900
  • 初回以降の通常価格¥12,800
  • 送料3回分¥2,100
  • トータル費用¥33,600

    1箱ごとお届け定期コースでの3か月継続費用と内訳
  • 初回価格¥5,900
  • 初回購入以降の価格 ¥9,800
  • 送料¥0(定期コース特典により無料)
  • トータル費用¥25,500

    3箱おまとめ定期コースの費用と内訳
  • 初回価格¥23,700(3箱セット)
  • 送料¥0(定期コース特典により無料)
  • トータル費用¥23,700

    上記の検証から評価すると、やはり3箱おまとめ定期コースがコスパ的には優れていると言えます。

    単品の購入で注文を3回分繰り返した総額は送料を含め3万円を軽く超えてしまうのです。

    しかし一方の3箱おまとめ定期コースではわずか2万3千円ほどになり比較すると1万円もの差額が発生することが分かります。

    結論としては2ヶ月以上の利用が必要ならリーズナブルに購入できる定期コースがお得になる印象です。

    長いあいだ不調を抱えてきたという場合には症状が改善するまで時間がかかる事もあります。

    こんな状況を考えて生漢煎 苓桂朮甘湯では定期コースで長くリーズナブルに利用することが出来るようになっているのでしょう。

    もし症状が軽い場合や、まずは1カ月試してから決めたいと言うケースなら単独購入がオススメかもしれません。

    生漢煎 苓桂朮甘湯の定期コースは解約できる?

    生漢煎 苓桂朮甘湯では定期コースの解約と継続回数に制限はありませんので、3箱おまとめコースを初回配送分で解約することも可能です。

    公式サイトにもちゃんと記載されていますから間違いありません。

    >>>>>>めまい、耳鳴りに効く!第2類医薬品+【生漢煎 苓桂朮甘湯】

    回数制限が無いのであれば安心して定期コースを選択できます。

    コスト的には3箱おまとめコースなら生漢煎 苓桂朮甘湯を1日あたりわずか250円の費用で健康に役立てることができます。

    もし症状が1ヶ月で収まらなければ単品注文ならまた改めて申し込まなけばなりませんし、初回購入以降は通常価格の¥12,800での取り寄せになり余分に費用もかかってしまいます。

    じっくり時間をかけて治すつもりなら間違いなく定期コースがオススメです。

    生漢煎 苓桂朮甘湯を短期利用するか?定期コースでじっくりと対処するか?

    そこで身体の不調に対して短期決戦で挑むか長期でじっくりと対処していくべきかの問題を脊髄損傷の身体で30年以上過ごしてきた僕の見解を述べてみます。

    あくまで僕の意見ですけれどもし中年以上の年齢で症状が深刻なのであれば最低でも3ヶ月の継続が望ましいと思います。

    もしかしたら3ヶ月以上の時間が必要かもしれません。

    その理由は40歳を過ぎてくると代謝能力も衰えてきますので、いくら良いものを摂っていてもすぐに体に反映されないからです。

    少し昔を思いだして考えて見てください。

    若いころにスポーツなどで体を動かした翌日には筋肉痛になりました。

    でも運動することがなくなり年齢を重ねてくるとそこそこの運動をこなしてもすぐに筋肉痛はやって来ずに2日ぐらい過ぎた後に筋肉痛に襲われたりします。

    年齢を重ねることによる弊害はこのような場面で見られるように身体の反応を鈍くさせていますのでゆっくりと時間をかけるつもりで対応していく心の余裕が必要だと思います。

    たとえ予定の期間より早い段階で治ったとしてもそれはむしろ喜ばしいことです。

    予備として生漢煎 苓桂朮甘湯を置いておけば安心できます。

    予防的に飲んおくのも良い方法かもしれません。

    具合が悪くなってから病院で診てもらってお金を使うより、日ごろの健康維持のために生漢煎 苓桂朮甘湯を飲んでおく方が遥かに前向きな行為だと感じますがいかがでしょう?

    生漢煎 苓桂朮甘湯の購入方法

    2018年12月現在の時点で生漢煎 苓桂朮甘湯を購入できるのは公式サイトの販売ページだけです。

    残念ながらネット通販大手のアマゾンや楽天市場での販売はありません。

    公式サイトでの購入方法は?

    購入についてはごく簡単なものですが、インターネットでの通販になりますから支払い方法はクレジットカードでの方法とコンビニ払い、代引き払いでの購入が可能です。

    もしクレジットカードをお持ちならポイントもたまりよりおトクに購入できます。

    代引き払いは手数料もかかり余分に費用がかかってしまいます。

    ですのでクレジットカードカードをお持ちでなければコンビニ払いがオススメになるでしょう。

    後払い手数料も決済会社の負担になっています。

    生漢煎 苓桂朮甘湯のメリット・デメリットを評価

    メリット

  • 現代医学でも治療が難しい不調にアプローチ
  • 医療機関ではアプローチしにくいめまい・耳鳴り、自律神経系の不調やストレスが原因の問題にも役立てることができる。

  • 東洋医学で伝わってきた歴史が証明する漢方薬を使用
  • 副作用の心配がない薬草を使っているので安心して飲むことができる。

  • サプリメントのようなスッキリしたデザインのパッケージ
  • まるで病人が飲むような薬だと気分が滅入ってしまうものですが、生漢煎 苓桂朮甘湯はおしゃれなデザインの包装になっているのでクスリを飲んでいるような感覚はありません。

  • お求めやすい価格設定
  • 単品購入と定期コースにかかわらず特別価格の¥5,900で購入でき、定期コースでの長期利用にも負担のない価格で購入できる。

    (初回購入以降は通常価格の¥12,800となる)

  • しばりのない回数無制限の定期コース
  • 生漢煎 苓桂朮甘湯では症状に応じて利用回数を決めることが出来ます、ですのでまず定期コースに申し込んでおいてお得な価格で利用し症状が治まった段階で取りやめることが可能です。

    デメリット

  • 薬との飲み合わせと他の漢方製剤との重複に注意が必要
  • 生薬を使いながら効果がはっきりと示されている生漢煎 苓桂朮甘湯は副作用がないこともメリットのひとつですが他の薬との飲み合わせには注意が必要です。

    すでに何らかのおくすりを服用されている状態で新しく生漢煎 苓桂朮甘湯をはじめてみようというケースであれば担当医あるいは薬剤師に相談されることを提案します。

    公式サイトにも特に気をつけていただきたい内容として生漢煎 苓桂朮甘湯に配合される【カンゾウ】の重複に注意を求めています。

    デメリットにあてはまる内容ではないのかもしれませんが生漢煎 苓桂朮甘湯を使う上でこれらの注意が必要です。

    評価まとめ!生漢煎 苓桂朮甘湯でふわふわめまいは治るか判定!

    生漢煎 苓桂朮甘湯を詳しくチェックしてきましたがいかがでしたか?

    生漢煎 苓桂朮甘湯の効能が友人を襲ったふわふわめまいを改善するものなのか集めた情報をもとに判定したいと思います。

    漢方薬の効能を解説した章をご覧いただいた通りめまいの改善に役立つ成分であることが分かりました。

    商品のコスパを評価してもリーズナブルな定期コースを利用すればそれほどの負担ではありません。

    確かに3箱おまとめコースの価格自体は2万円ほどの費用になりますが、医療機関を受診しても医療費やお薬代で同じぐらいかもしくはそれ以上の出費がかさんでいることも十分考えられます。

    病院の診察ですっきりとふわふわめまいが治れば問題はありませんが、医療機関を受診しても不調を抱えたままの人が存在することが現代医療が万能ではないことを示しています。

    このような意味ではぼくの友人はまさにこの状況にあり、効能の裏付けがとれた生漢煎 苓桂朮甘湯を友人のふわふわめまいに役立ててもらいたいものだと確信しました。

    もしあなたも友人と同じように医療機関で治療を受けていて良くなる兆候が見られないなら思い切って生漢煎 苓桂朮甘湯を試してみる決断が必要かもしれません。

    現代医療が万能ではないことはぼく自身の体験でも痛感しています。

    ぼくは17歳で脊髄損傷の障害を持ち受傷して数年後から背中のしびれや痛みを感じるようになり、そのたびにかかりつけの整形外科で担当医に訴えても検査結果から異常はみられないとの診断で具体的な手当てを受けることはできませんでした。

    そんな中で友人から紹介してもらった鍼灸治療院で鍼とお灸を使った具体的なケアを受けだして体の免疫力を高めることにつながり背中のしびれも軽減することができています。

    免疫力については身体の冷えにも直結する問題ですから、鍼灸でツボを刺激し体温を上げることは理にかなっているとぼくは理解しています。

    けれどこうしたアプローチは西洋医学である現代医療からは対処できないのです。

    すなわち整形外科でいくら痛い・つらいと訴えても骨が折れていたりするような明確な異常がなければ何もできないのです。

    こうした現代医療がカバーしきれない側面を補うのが漢方や鍼灸といった東洋医学であるとぼくは感じています。

    いかがでしょうか?

    ぼくの体験と友人のエピソードが東洋医学と漢方薬を健康ケアへ取り入れるキッカケとなればうれしく思います。

    生漢煎 苓桂朮甘湯がふわふわめまいに効果!と判断したぼくは友人に勧めることにしました!

    あなたも生漢煎 苓桂朮甘湯の効能でふわふわめまいを改善してみませんか?


    こちらのリンクから公式サイトをチェックしてみてください!

    >>>めまい、耳鳴りに効く!第2類医薬品+【生漢煎 苓桂朮甘湯】

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA