ひかりTVはおすすめのVOD? デメリットは?契約するメリットはある?

ビデオオンデマンドサービス(VOD)のひかりTVについて個人的な印象を含めて契約するべきVODサービスなのか検討したいと思います。

結論的にはぼくは【ひかりTV】を加入するべきVODサービスとして評価します。

なぜなら他のVODサービスでは視聴できない作品を配信していること、さらにコスパで考えても費用面でそれほど負担にはならないからです。

ぼくがひかりTVを推す理由はまず第一にテレビ東京で人気のドラマ番組【きのう何食べた?】を見逃し配信するVODサービスであることがまずひとつの理由です。

内野聖陽さんの演技が魅力の【きのう何食べた?】は夫婦不和の問題を解決?

2019-06-02

毎週楽しみにしている【きのう何食べた?】を電波のトラブルで録画ができていなかったというアクシデントがあり、ピックアップしたビデオオンデマンドサービス(VOD)が【ひかりTV】です。

しかしけっして安くはない月額料金が発生するVODサービスに加入しているのに利用目的がきのう何食べたを配信するテレ東作品だけというのもかなり残念な話ですよね。

まるで宝の持ち腐れです。

ぼくとお嫁ちゃんは音楽やロックも好きですし、できれば音楽番組もひかりTVで楽しめたらなと思っています。

ぼくはエレキギターを何本か所有するほどのロック好きなので海外ミュージシャンのライブ映像などを配信するVODは加入を検討したいものです。

そんな要望を持つ僕たちにとってひかりTVは期待を裏切らないビデオオンデマンドサービスだと判明しました。

ではこうした評価と印象を持つことになった理由と契約面でのもろもろの条件を詳しく記事の中でまとめていますのでビデオオンデマンドとひかりTVを検討する場合の参考にしていただけたらと思います。


とにかくひかりTVの詳細をチェックしたいアナタはこちらから公式ページ案内箇所へどうぞ!

ひかりTVはおすすめのVOD?

どのVODサービスも配信作品はバリエーションを豊富にしているなか【ひかりTV】も作品数とチャンネル、ジャンルなどしっかりと網羅されています。

カテゴリーは大きく分けて8つのジャンルにまとめられ、さまざまな映像作品を楽しめます。

  • 映画
  • ドラマ
  • アニメ
  • 韓流・華流
  • エンタメ
  • 音楽・ライブ
  • スポーツ・ニュース
  • 趣味・ドキュメンタリー

さらにこのジャンルごとに海外・日本作品やドラマなら昭和の作品や時代劇など細分化された映像が配信されます。

つまり幼児からパパママ、おじいちゃんおばあちゃんまで家族全員が楽しめるような作品が集約されていると言って良いでしょう。

ぼくはロックやエレキギターが趣味なので海外ミュージシャンやロックバンドのライブ映像が観れたりする【スペースシャワーTV】を配信するひかりTVの存在はやっぱり嬉しいですね。

ひかりTVをコスパ面で考えてみると?

さてこれだけのラインナップを誇るVODでも料金面で高額なら継続も難しいですし、検討もできなくなります。

そこでコスパ面を評価したいと思いますが結論的には悪くないのでは?と考えます。

なぜなら多彩な映像作品を月額¥1,500で楽しめるような基本料金プランで維持できるからです。

もちろんもっとたくさんのチャンネルと映像を楽しみたいのであれば別途の有料オプションに加入すれば可能ですが費用対効果で考えるとテレビおすすめプランで十分なのではと思います。

それだけテレビおすすめプランはあらゆるジャンルとカテゴリーをカバーしているのでコスパに優れていると思っています。

もし不足を感じるなら基本プランをテレビおすすめで契約しておいて単月だけ有料オプションに加入してみたり、新作映画やドラマを視聴できるビデオサービスから映像作品を1本100円から購入できる楽しみ方を検討できるようになっています。

ひかりTVに デメリットは?

ひかりTVのデメリットを評価したいと思います。

  • 【ひかりTV2ねん割】とプラン変更について

ひかりTVの加入にはお得な条件で契約できる【ひかりTV2ねん割】を利用できます。

このひかりTV2ねん割を利用することで月額1500円で先ほどの【テレビおすすめプラン】あるいは同じ料金の【ビデオざんまいプラン】月額2500円で2万本以上の作品を視聴できる【お値打ちプラン】を利用できます。

しかしこれらのいずれかの3つのプランに【ひかりTV2ねん割】の特典を利用し加入しながら解約あるいは上記3つの以外のプランに変更した場合は違約金が発生することに注意が必要です。

  • 成人向け作品を視聴できてしまう!?

ぼくは全く興味を持ちませんがひかりTVには【成人向け】作品を視聴できるオプションプランが設定されています。

このサービスは妄想を爆発させる大変危険なものなので詳しく説明します。

ひかりTVの成人向け作品は別途オプションで1本から視聴できるビデオサービスからアプローチします。

ぼくは全くこんなサービスに興味はなく調べるのが苦痛でなりません。

しかしひかりTVの加入を検討されるご家庭でまだ分別のつかない良い子がおられる場合もあるでしょう。

お父さんが「にししし」とナイトタイムやお嫁さんが里帰り中に楽しんだ作品が端末に履歴として残っているのをお子様が見つけてしまう可能性だってありますからね。

ご用心しておくことに越したことはありません。

チューナーの設定で制限をかけるなどの対応が必要かと思われます。

もちろん賢明なお父さまならどんな行動を取るべきかはもう想像つきますよね?

(楽しんだらすぐに削除ですよ!)

もちろんこの見解はあくまでデメリットであり注意としての観点でお伝えしています。

  • ひかりTVにはお試しの無料期間が無い!

ひかりTVには残念ながら無料で視聴できるお試し期間がないことが残念なところです。

しかしその代わりに2か月間の月額料金が無料となる特典でカバーしているのでお試し期間が設定されていないことはそれほどデメリットにあたらないのではとも思います。

ひかりTVでなければ楽しめない【きのう何たべた?】を配信しているのVODサービスだったりするので試してから検討しようという考えはぼくにはありません。

  • 専用チューナーが必要となる

ひかりTVは専用チューナーをネット回線に接続し番組を視聴する仕組みを取っているために専用チューナーを用意しなければなりません。

専用チューナーを用意する方法としては大きく分けて3つの方法を検討できます。

専用チューナーと選択肢

  • 月額500円でのレンタル
  • お得なキャンペーン価格での購入
  • 専用チューナー搭載の4kテレビを購入

上記のような方法で専用チューナーを準備する選択肢があります。

やはり一番コスパに優れているのはキャンペーン価格でのチューナー購入がお得になるのではと思います。

しかし途中で解約することも想定されますし、買うのはちょっとなーとためらってしまう部分もあります。

けれどよく考えて見るとキャンペーンでの専用チューナーの価格がレンタルでの月額費用よりも安くなるように設定されていたのです。

つまりレンタルより購入した方がお得な条件になっているので悩む必要はないと分かりました。

まとめ!ひかりTVは契約するメリットはある?

最後にひかりTVは契約するべきビデオオンデマンドなのかメリットをまとめたいと思います。

ひかりTVに感じるメリット

  • 月額費用¥1,500で50チャンネル以上の映像作品を楽しめる。
  • お得な特価で購入できる専用チューナーでリーズナブルに加入できる。
  • 新作映画やビデオを1本100円からレンタルできる。

ぼく個人的には上記のメリット以外にスペースシャワーという音楽チャンネルで邦楽・洋楽含めたミュージシャンの演奏番組を観れることが大きなメリットです。

そのほかにもスポーツチャンネルも楽しめるので東京オリンピックの2020年には選手の活躍をひかりTVで応援できるのではないでしょうか?

2020年の東京オリパラの開催までもう残すところ1年もありませんからいまから加入しておいても遅くはないですよね。

新作ドラマや多彩なチャンネルをひかりTVで楽しめるメリットが満載です!


1本100円からビデオサービスが楽しめるひかりTVはこちらからチェックできます↓↓↓

>>>ひかりTVの公式ページをチェックする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA