犬のアトピーや皮膚炎は活性酵素が影響?抗酸化作用の成分が良い?


ご存知ですか?


ワンちゃんのアトピーなどアレルギー性の皮膚炎を起こす原因は活性酵素が関わっていると言われています。

では大事な愛犬に与えられる活性酵素を抑制する働きのあるドッグフードはあるのでしょうか?

犬の診療原因の統計データーで多い皮膚トラブル

シバ犬てれちゃんは年に1回ですが予防接種とワクチンの注射のために動物病院を訪問しています。

実はてれちゃんは動物病院が大嫌いで診察室ではブルブルと体を震えさせビビリまくっています。
(果たして病院が大好きだなんて思う人間もいるだろうか?)

そんな動物病院で診療を受けるわんこの症例で一番多いと言われているのが実は皮膚に関わるトラブルが多いのはご存知ですか?

その実態を表すデーターとしてペット保険を扱うアニコム損害保険さまがまとめる統計資料の「家庭動物白書」のページより犬の皮膚疾患の内容を確認してみると次のような状況が明らかになってきました。

参照先はこちら
アニコムグループ家庭動物白書

皮膚疾患の原因と状況

1位 細菌感染症(皮膚に菌による潜伏があり炎症を起こすもの)
2位 アレルギー性皮膚炎(アトピー性や食べ物が起因するもの)
3位 外部寄生虫感染症(ダニやノミ、シラミなど寄生虫が起因するもの)

統計データーの条件と詳細

  • 皮膚病に関連する診察と治療を受けた犬の中で原因が特定された8837頭を対象にした調査結果。
  • 2004年に保険加入していたワンちゃんたちの記録を抽出しデータ化、報告は2007年2月20日。
  • 統計の時期として約10年以上前になる結果ではありますが、現在にも当てはまる十分な参考資料と考えて良いでしょう。

    このような皮膚に関する疾病の中で上位1位の細菌感染症や2位のアトピー性皮膚炎に代表されるアレルギー性の皮膚疾病を起こす原因が活性酵素であると言われています。

    活性酵素とアレルギーに関連するご見解のなかで下記の報告記事を参考にさせていただきました。

    ありがとうございました。

    https://www.jst.go.jp/pr/info/info172/index.html

    https://www.club-smile.jp/atopy_net/atopy-information19.htm

    ワンちゃんの皮膚疾病をもたらす活性酵素とは?

    私たちはたえず呼吸し酸素を取り入れることで活動していますが、しかしごくあたりまえな呼吸によって体内に取り込んだ酸素が活性酵素という身体をサビさせる物質に変化することで身体を老化へと招いています。

    こうした活性酸素の老化作用は他の悪影響と要因によってさまざまな生活習慣病や疾病が発症し悪化すると考えられています。

    もちろんこの活性酵素と疾病との関係性は私たち人間も愛犬である動物も同じ問題に当てはまります。

    なぜ活性酵素が生活習慣病に発展するのか?

    活性酵素が生活習慣病へ影響を与えると言っても通常の呼吸で活性酵素が発生する程度と数値はごくわずかなものであり吸収した酸素の約2%が活性酸素となると考えられています。

    たかだか2パーセントの活性酵素を体内で生成して病気になってしまうのではおちおち呼吸すら出来ませんよね?

    その背景には現代ならではの隠された社会的要因が潜んでいました。

    活性酵素を増幅させる社会的要因とは?

    現在の生活環境の中では、自然呼吸で発生する数値以上の活性酵素を生み出す環境下にあると考えられています。

    その社会的な要因とは食品に含まれる科学調味料や添加物、保存料が含まれるていることが原因ではないかと指摘されてます。

    その結果下記のような疾病を招いていると考えられています。

    活性酸素の影響はアトピー性皮膚炎や花粉症、アレルギー性喘息。さらにはガン、糖尿病、肝臓疾患などの生活習慣病の発症、進行の原因要因と考えられています。

    もちろん食べ物の問題以外にも活性酵素を増発させる要因が存在します。

    参考までに可能性を示されている項目を確認してみましょう。

    ①加工食品などに使用されている食品添加物による影響

    ②カップラーメンなどのインスタント食品やスナック菓子による影響

    ③車の排気ガス(特にディーゼル車)などの大気汚染による影響

    ④石油製品(プラスチック)に依存する日常生活による化学物質による影響

    ⑤工業廃水、生活廃水による水質汚染による影響

    ⑥たばこやアルコールによる影響

    ⑦社会生活や人間関係で生まれる過度のストレスによる影響

    ⑧極度に激しい運動による影響

    このように現在の社会生活ではあたりまえのように存在しているものが活性酵素をさらに生み出してしまっている要因として危惧されています。

    ではこういった要因から身を守り健康的に過ごすためにはどういった方法や行動がとれるのでしょうか?

    食べ物で活性酸素を抑制するアプローチ

    私たち人間や愛犬が生活する環境下で活性酵素の影響を受けずに過ごすためには有害物質や環境汚染から距離を置くことが必要であると考えられますが言葉でいうほど簡単なことではありません。

    環境問題のひとつである公害問題はモータリゼーションの発展と恩恵で車社会が進み自動車の排気ガスなどには多くの有害物質を含み環境を汚染してきました。

    それらの問題にトヨタ「プリウス」を代表するハイブリットカーや省エネカーの台頭と自動者メーカーの企業努力によって触媒機構を改善し、排気ガスに含まれる一酸化炭素や窒素化合物などの有害物質の排出量を軽減する対策や取り組みがなされていますが環境汚染の歯止めはかかりません。

    もちろんこの環境汚染の問題は車社会だけの要因ではありません。

    企業活動や生産活動が目的とする人間社会がうみだした負の恩恵といってよいでしょう。

    こうした環境問題へ私たち自身が自分たちの問題として意識を持つことが大切ですがこの汚染された公害環境から逃れ生活することは難しいテーマです。

    ですが・・・我々が生活環境を変えることはできませんが食べ物に関する意識を変えることで健康に良いモノを選ぶことは可能になるはずです。

    たとえば人間であれば活性酵素を抑制する働きのあるベーターカロチンが有効であると報告されています。

    このベーターカロチンはにんじんやかぼちゃ、トマトなどの緑黄色野菜に含まれています。

    他にもほうれん草や小松菜、青梗菜(ちんげんさい)春菊、ピーマンなどがベーターカロチンが豊富なお野菜と言われています。

    我々人間であればこのようなお野菜を意識的にお料理に取り入れることで活性酵素への影響に対処するアプローチが可能となります。

    愛犬の活性酵素を抑制する方法

    人間であればベーターカロテンを含むお野菜を摂取することで活性酵素と戦う身体づくりにアプローチすることが可能になりますが問題はワンちゃんです。

    人間なら嫌いなお野菜でも健康のためならと思ってガマンして食べることはできすが犬はなかなか野菜を食べてくれません。

    飼い主さんのあなたならご想像つきますよね?

    我が家のてれちゃんも酸っぱい酸味がかった野菜はとくに苦手でトマトなんて絶対にクチにいれようとしません。

    犬は基本的に肉食なのであまり野菜を積極的に食べようとしないようです。

    そこで愛犬の主食であるドッグフードで人間にとって必要なベータカロチンが摂れるような野菜がたっぷり入った健康的なドッグフードを毎日の食事に与えることでいぬの活性酵素を抑制することができるのではと思いました。

    そして健康的なドッグフードを選ぶ理由がもう一つあります。

    ドッグフードの問題はさまざまなメディアさまが取り上げられているのでもうすでにご存知のかたもいらっしゃるかもしれません。

    ドッグフードが危険だと指摘される根拠

    愛犬の主食と言えるドッグフードには人間が食べる事を想定しない実態が不明な食材が使われていると指摘されています。

    さらにアレルギー性の疾病発病のリスクを持っている保存料や添加物は人間が食べる食品と同じで当然のように使用されています。

    耐性の弱いワンちゃんならさらにリスクは高まります。

    もう全て言わなくても賢明なあなたならお察しいただけたのではないでしょうか?

    実はワンちゃんのアレルギーの問題は劣悪なドッグフードによるものでは無いかと指摘されているのです。

    この根拠はもうすでに活性酵素が環境によって影響を及ぼしさまざまな病気の発症リスクを高めているという指摘があることをお伝えしました。
    活性酵素を増幅させる社会的要因とは?

    人間が食べるインスタント食品やファーストフードに使用される保存料や添加物の影響で健康被害がでているのと同じように愛犬が食べるドッグフードの品質問題でわんちゃんたちのアレルギーや皮膚炎などの健康被害がでていると危惧されています。

    じっさいに過去の記事で一般的なドッグフードに含まれている栄養素と成分を調べてみたのですが、恐ろしくなりました。

    こちらの記事で成分をチェックしています.

    【ワンコ】涙やけの悩み!ドッグフードが原因かも?アスタキサンチンが良い?

    2018-06-26

    人間であれば健康をテーマにした食材選びをするうえで色々な選択肢がありその対応方法はワンちゃんに比べてまだ楽な方です。

    でもわんちゃんたちの主食はドッグフードしかありません。

    補助的におやつを与えたりしますがそれはあくまで副食であり、主食ではありません。

    せめて主食であるドッグフードだけでもワンコの健康を考えた良いものを選択できるのでは無いでしょうか?

    このような考え方で興味深いものに対症療法というものがあります。

    対症療法(たいしょうりょうほう)とは?

    病気や症状に現れる表面的な原因に対してではなく、その症状を軽減するために根本的なアプローチで治療や施術を行い、自然治癒能力を高めながら治癒を促進する療法として認識されています。

    この文章だけだとイメージしにくいかもしれませんね。

    でも野球選手やサッカー選手などのスポーツ選手がケガを防ぐために筋力トレーニングで筋肉を強化したりするのも一つの対症療法と言えるのではないでしょう。

    すなわち皮膚アレルギーで痒いからといって痒み止めや悪化した部分に軟膏などを塗るのではなく「なぜそのような症状が出るのか?」を考えて食事療法などでアプローチしていくやり方です。

    プレミアムドッグフード「モグワン」は愛犬の活性酵素を対策できる?

    活性酵素の対策のための成分を含む犬の健康を目的にしたドッグフードを調べたのですが「モグワン」がぴったりではないかなと思っています。

    なぜモグワンなのかというと活性酵素にアプローチする抗酸化物質とよばれる成分が豊富に入っているからです。

    それではその豊富な成分と特徴を詳しくみていきましょう。

    モグワンの公式ページをチェック!

    モグワンは活性酵素対策のベータカロチンとアスタキサンチンが豊富!

    プレミアムドッグフードとして愛犬の健康づくりを目指したモグワンの特徴をチェックしてみました。

    モグワンの特徴

  • 保存料や香料を使用しない無添加のドッグフード。
  • アレルギーや消化不良を引き起こさない穀物不使用(グレインフリー)。
  • 肉が主食の犬に向けた動物性たんぱく質が豊富。
  • 人間が食べられる食材を基準としたヒューマングレード。
  • 活性酵素にアプローチする緑黄色野菜とアスタキサンチンが摂取できる。
  • ここで聞き慣れないキーワード「アスタキサンチン」という物質について簡単ですがご紹介しておきます。

    アスタキサンチンとは?抗酸化作用とは?

    モグワンでは食材に生サーモンを取り入れることで高タンパク質の栄養素を摂取するだけでなく抗酸化物質の作用があるアスタキサンチンが摂ることに繋がっています。

    抗酸化物質は活性酵素が生み出す老化物資から身体を守る機能があると報告されています。

    さらにアスタキサンチン抗酸化作用はビタミンEの約1000倍と言われています。

    活性酵素は体内で細胞のサビと老化を引き起こしますがアスタキサンチンを摂取することで抗酸化作用が働き老化から身体を守ることに繋がります。

    モグワンの特徴でお伝えした発症リスクのある「添加物未使用」とアスタキサンチンの抗酸化作用でアレルギー体質のワンちゃんを健康体の体に変えることができる可能性を含んだとても期待値の高いプレミアムドッグフードと言えます。

    モグワンで愛犬の涙やけやアレルギーの悩みにアプローチ?

    愛犬の未来のために私たちができること

    飼い主にとって家族同然のもはやわが子と言っても良い存在のワンちゃんが痒みに襲われるつらい状態はとてもではありませんが見ていられません。

    もし仮に、愛犬が酷いアレルギーや皮膚炎を起こしてしまっても飼い主はワンちゃんのために出来ることは限られてます。

    せいぜい動物病院に連れて行ってあげて診察してもらうしかありませんし、医者ではない私たちは無力です・・・

    でも私たち飼い主が悲観するのは勝手です・・・けれどがそれが果たしてワンちゃんの健康や未来のために繋がることでしょうか?

    ワンコにとっていちばん身近な存在はお医者さまでも誰でもありません飼い主のあなたなのです。

    愛犬にいちばんの愛情をそそいであげられるのは私たち飼主の役目であり責任と言っても良いでしょう。

    治療を施してくださるお医者さまは飼主にとって確かに頼もしい存在です。

    しかしワンちゃんがいちばんの信頼を寄せてくれているのはあなたである事を忘れてはなりません。

    そんな飼主さんならお医者さま以上の手厚いケアを施してあげられるのでないでしょうか?

    そのような意味では健康維持に品質の良いドッグフードを選び予防的な健康ケアや体質改善の必要性に気づいてあげられるのも私たち飼い主がアプローチできる方法です。

    あなたの愛犬の未来をモグワンでサポートしてみませんか?
    あなたに寄り添うワンちゃんの未来のために・・・モグワンドッグフードの申し込みはこちら

    モグワンで愛犬の涙やけやアレルギーの悩みにアプローチできる?

    2018-06-28

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA