ワイマックスの解約を検討!継続のデメリットから解約が正解?

ギモンくん
  • ワイマックス回線の契約更新時期が来年に迫ってきた・・・
  • ワイマックス回線の契約更新にどんなメリットや付加価値があるのか?


こんな悩みが【カシモワイマックス】でホームルーターを契約する【Futoshi】に持ち上がってきました。

Futoshiが契約する回線はあと半年後に契約更改の時期が迫っています。

ですから契約を続けるかどうかの判断材料として更新に関わる情報を集めておく必要があります。

そこで契約するワイマックス回線の継続か解約かをハッキリさせるために集めた情報と結論を記事にまとめます。

この記事をまとめるにあたって次のようなWiMAX回線の継続判断のポイントを明確にできたのではと思います。


この記事で把握できる重要ポイント

  • WiMAX回線の契約を継続することでデメリットは存在しないのか?
  • あるいは回線を解約することにデメリットは発生しないのか?



このような検討により【Futoshi】は下記の結論を導き出しました。

  • カシモWiMAXの解約とネット回線の乗り換え検討
  • 光回線【NURO光】の契約

では今回の結論を得た理由と検討内容を本編でご確認ください。

■ワイマックスの解約を検討!契約更新のメリットとデメリットを検証

ではWiMAXの契約更新の場合はどんな条件となるのか集められた情報をまずカンタンにまとめます。

カシモワイマックスの契約更新条件

  • 最新端末に機種変更できるキャンペーン特典が適用される。
  • WiMAXの契約更新と継続で月額料金は?→割高になる。
  • 契約更新月のタイミングを逃した解約は違約金が発生。
  • 機種変更のメリットを受けた契約更新から3年の契約条件となる。

公式サイトのカスタマーサポートにも問い合わせた結果、このような情報が得られました。

さて問題はこれらの条件を前提に検討し、ワイマックス回線の契約を継続するのか?という判断です。

では具体的に検討の内容と結論を解説していきます。

■ワイマックス契約の継続でメリットや付加価値は?

機種変更キャンペーンで最新端末が供給される

【Futoshi】がカシモWiMAXで契約した際に無料で提供されたホームルーターL01sは登場してからもうずいぶんと年月が経過しました。

今では新機種ホームルーターが2つも登場しているので2世代前の旧型モデルとなります。

古い端末のままで契約を継続してしまうと次の契約更新タイミングまでかなりの年数で酷使することになります。

当然、故障しないだろうか?と言う不安を抱きます。

この不安をカシモWiMAXでは契約更新月を迎えたユーザーに機種変更キャンペーンにより解決している事をサポート窓口から確認できました。

おそらく端末料金は無料でのサポートだと推測します。

(20ヶ月目に到達したタイミングでオファーが届くとの回答で今は推測しかできないのです。)

この提案を利用すれば最新端末をお得な条件で活用できます。

(本当に無料だったら良いのだが・・・)


WiMAXの契約更新と継続で月額料金は?

上記に掲載した機種変更を利用しなければ更新月以降から月額料金はアップすると公式サイトの情報から確認できます。

この条件なら継続することにメリットがありません。

具体的な金額は更新月以降は¥4,079の条件です(税抜き価格)。

更新月前までの月額料金が¥3,580ですから¥400は値上がりする計算です。

非常に残念ですが決められた方針なので仕方ありません。

疑いくん
契約期間まで利用してきたなら料金を安くしたって良いのでは?

しかしこの救済措置が先ほどの【機種変更キャンペーン】にあります。

  • 機種変更後は従来価格の¥3,580が適用

カシモWiMAXサポートに問い合わせた結果、機種変更後は従来価格の¥3,580が適用されることが判明しました。

この条件なら最新端末が利用できる付加価値があり検討できる条件です。

この付加価値から「WiMAX回線の契約を継続することでデメリットは存在しないのか?」の問いには【デメリットなし】と評価できそうです。

けれど逆に考えると契約更新月でルーターを機種変更しなければ古い端末を利用した状態で、しかも月額料金が高くなる悪い条件での継続となります。

だったら解約するか、あるいは新型ルーターに変更しての契約更新の二択になりますよね?

さあどっち!?

機種変更のメリットを受けて続けますか?

辞めますか?

さてこんな白か黒かという追求を突きつけてくる更新月で決断を下さなければ我々は損失を被ります。

契約更新月のタイミングを逃した解約は違約金が発生

更新月で「解約します!」と連絡しない解約は違約金が発生します。

WiMAXプロバイダごとに違約金の条件は変わるかもですがカシモWiMAXでは更新月を過ぎての解約違約金は¥9.500です。

当然です。

ペナルティを受けることが無いように更新月のタイミングをアイフォン7のリマインダーに設定しています。

さらに更新月より少し前にオファーが届く【機種変更キャンペーン】も期限内に結論を出さなければ、最悪「古い端末のままで契約更新」となります。

なぜならWiMAX回線や多くのプロバイダは連絡がなければ自動更新が基本だからです。

  • ボヤッとしてたら更新月が過ぎていた!
  • 解約しようと思ってたのに!!
  • 最新端末で契約更新しようと考えてたのに!!!

このようなことが無いように契約ユーザーとして注意が必要です。

機種変更のメリットを受けた契約更新から3年の契約条件となる

僕にとって重要なテーマは契約期間の縛りです。

カシモWiMAXに魅力を感じた理由は契約条件が2年だった事を評価したのに今では新規契約と同じように更新後は3年の契約期間が設定されます。

この点でカシモワイマックスを選ぶ理由がなくなってきます。

他社WiMAXプロバイダを確認しても、現状ほとんどが3年契約の方針をとっています。

マーケットの状態から判断してWiMAX回線で2年契約を提供するプロバイダを探すのは難しいと判断しました。

こうした状況から結論としてはワイマックス回線は満期で解約が正解と判断しました。

確認したとうり更新月の期間内で解約を連絡すれば違約金は発生せず解約によるデメリットはありません。

さて次の問題はカシモWiMAXを解約するとなれば乗り換え先を検討しなければなりません。

■ネット回線の乗り換えを検討

【縛りなしワイファイ】を検討

他社のWiFiサービスも検討するべきと思い、最近登場して広告で見かけることも多い【縛りなしワイファイ】をチェックして見ました。

すると月額料金も安くて契約期間の【縛り】がないプランも選べることが分かり悪くない内容です。

しかし残念ながら【縛りなしワイファイ】にはホームルーターのラインナップが存在しません。

つまり外出先でのネット通信を想定したモバイルルーターだけの提供となっています。

モバイルルーターはバッテリーに依存するので僕にとっては優位な条件ではありません。

自宅のネット回線を想定しているのでモバイルルーターを充電しっぱなしの環境で利用するとバッテリーの膨張トラブルが考えられるからです。

そこでカシモWiMAXを契約するまで利用していた光回線を確認して条件が良ければ検討しても良いのではと考えました。

■光回線の【NURO光】に乗り換えでネット環境を強化!

3年の契約期間を受け入れることになるのなら光ネット回線を検討することにしました。

できればカシモWiMAXの契約条件と同程度の月額料金を提供する光回線サービスが希望です。

そこでYahooなどの広告を見ていてこれは僕が求めている条件に当てはまるかも?と考えたのが光回線の【NURO光】です。

今テレビコマーシャルで見かけることが多い光回線の【NURO光】は大手電機企業の【ソニー】が提供する光回線です。

(ソニーといえば昭和世代はカセットテープの【AHF】や【BHF】が思い浮かび、酸っぱい想い出がよみがえります。)

NURO光についてまずはざっくりと把握した特徴をまとめておきます。

  • 【NURO光】のスペックと特徴
  • 通信スペックは2Gbpsを誇る安定の接続環境。
  • 無料で利用できる有名セキュリティソフトを装備。
  • キャッシュバックで得られる資金を月額料金に充当すればカシモWiMAX時代とほぼ同じ通信コストを維持。

【NURO光】をチェックして見るとこのような情報が得られました。

僕にとっては悪くない条件です。

契約自体は2年が条件ですが、実質無料にあたる回線工事費分の支払い期間が3年になっているので印象としては3年縛りの契約条件となります。

(解約は2年で問題ないことも判明)

現在の契約方針などを考えると3年契約は受け入れるしかないのが現状だと割り切りました。

しかし契約期間のデメリット以上に付加価値を提供してくれるのが通信スピードの強化とセキュリティ面での恩恵です。

通信費としてはキャッシュバックで獲得できた資金を月額費用に充てれば若干の金額ですがWiMAXより安くなり節約に繋がります。

(本当にわずかです)

しかし通信スペックを考えると光回線の条件で価格以上のパフォーマンスを手に入れることができます。

すなわちネット環境の強化です。

WiMAX回線の利用環境には3日間の通信容量合計で10ギガを超過した場合、通信制限があるかも?という心理ストレスが存在していました。

しかしNURO光に乗り換えることでストレスから開放されVODサービスで動画をガシガシ観ることが可能です。

じつはオンライン上でギターレッスンが受けられるサブスクリプションサービスに登録していましたが、WiMAXの通信制限がやっぱり気になって視聴時間を調整しながら利用していました。

加入しているオンラインレッスンサイトはこちら
↓↓↓

けれど光回線ならそんな心配は無用ですし、ソニーのNURO光なら以前契約していた光回線の倍のスピードを前提条件にしているのでかなり期待できるスペックです。

このような理由で【Futoshi】は乗り換え回線にはNURO光で決定だと確信し、じつは申し込みを済ませたばかりです。

■NURO光の申し込みと開通時期

まだカシモWiMAXでの契約が半年以上残っているのでまだNURO光を申し込むのは早いかなとも思いましたがキャッシュバックキャンペーンが半年後も展開しているかどうだか分かりません。

半年後の光回線の開通でキャッシュバック特典が得られるのかどうかも心配でした。

このあたりの疑問をNURO光のサポート窓口で確認すると宅内外の回線工事を先に済ませて置いて半年後の開通でも問題ないとの回答が得られました。

もちろん半年後の開通でもキャッシュバック特典の受け取り権利は機能します。

もう結論は出ました。

ここまで情報を集めて検討と確認を万全に進めてきたので契約をためらう理由は無いですよね。

こうしてNURO光へ本契約申し込みを行いました。

まだ実際の開通は半年後になりますが、改めて通信スピードや品質をレビューしたいと思います。

■ワイマックス回線の解約検討のまとめ!デメリットを検証した結果から満期で解約が正解!

カシモWiMAXを気に入りながらも条件が合わず解約を受け入れた結果の検討でしたが、いかがでしたか?

WiMAX回線は契約前に繋がらないと悪評も知っていたので、正直なところ大丈夫かな?と不安を抱いてました。

しかし端末1個だけでネット回線が完結する環境はフットワークも軽く快適で気に入ってました。

確かに天候によってはネットに繋がらない状況も感じますが、それは余程の悪天候ぐらいです。

もし自宅のネット回線を想定しフットワークの軽いワイファイサービスは?と意見を求められれば評価しているWiMAXのホームルーターを提案します。

【関連記事】カシモワイマックスの詳細レビュー記事はこちら

なのでカシモWiMAXの契約を終了して、もう一度別のWiMAXプロバイダで加入するのも悪くないかなと考えました。

けれどカシモでの契約に優位性があることも把握しているので他社WiMAXプロバイダに興味が持てないことも正直な気持ちです。

だったら光回線をもう一度検討するのも悪く無いなとふと思った結果が今回の【NURO光】への契約に繋がりました。

【NURO光】を評価するにあたって下記の記事で詳しくまとめているので参考にしてください。

【関連記事】NURO光の詳しいレビュー記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA