WEBウェブエンジニアとは?学歴がない高校中退や中卒者でも目指せる?

IT業界で人気のWEBエンジニアは高校中退者や最終学歴が中学校卒業の人でも目指すことができるのでしょうか?

IT系の情報技術系の専門学校で資格を持っていないとWEBエンジニアに採用されないのでしょうか?

こんな疑問について調べてみた結果、資格や学歴が必ずしも必須ではないことが判明しました。

学歴や資格に不安があるけれどWEB系のお仕事にチャレンジしたい方は参考にしていただければと思います。

インターネットの利便性は、いまやスマートフォンに移行し生活を便利にするアプリがどんどんリリースされてます。

そんなアプリの開発に携わることが出来るウェブエンジニアはIT業界でも人気です。

今後ますます、ウェブエンジニアの人材が必要とされています。

そんなWEBエンジニアを目指すためにはどんな努力や適性が必要なのか?

資格や学歴がなければITで働くことはできないのか?

などの疑問について調べてみました。

webエンジニアは中卒や高校中退でも目指せる?

ウェブエンジニアになりたいと考えたときに必要な資格や学歴が必要なのか確認した内容をまとめます。

結論的には資格や学歴の有無はWEBエンジニアを目指す上では影響しないことが判明しました。

もちろん中卒や高校中退でも適性さえ問題なければWEBエンジニアを目指すことは可能です。

なぜならWEBエンジニアの人材を募集するリアルな求人状況をチェックしてみると必ずしも、資格や学歴を必須条件とする案件ばかりではないことが確認できるからです。

なかには学歴や情報技術関連の資格を必要とする企業や採用先もあるかもしれません。

ですが求人情報をチェックした感じでは未経験でも採用される案件は多く学歴も不問にしている印象です。

WEBエンジニアとは?フロントエンドとバックエンドとは?

ウェブ関連の仕事にはWEBエンジニアやシステムエンジニア、あるいはプログラマーなど色々な呼び方の職種があります。

そんな中で今回のテーマであるWEBエンジニアの存在と職域の範囲を確認してみました。

WEBエンジニアを解説するサイトなどに情報を求めて見るとフロントエンドとバックエンドという表現で大まかに2つの役割りがあることが分かりました。

◇フロントエンドとバックエンドとは?

WEBエンジニアには大まかに分けて2種類の役割がありフロントエンド・バックエンドの言葉で区分けされているようです。

この役割の違いを分かりやすいイメージで表すと「裏方」と「表方」のようなものになります。

ではこの役割の特徴についてまとめます。

フロントエンド

  • プログラミングなどの知識と技術を使いアプリケーションやWEBサイトを構築する。
  • バックエンド

    フロントエンドで開発されたシステムが動くためのデータベースやサーバーなどのインフラ設備を構築する。

    つまり私たちが実際にスマホを持ってアプリを立ち上げたときに画面上で視覚的に操作したり見える部分を開発(プロダクト)するのがフロントエンドとなります。

    そしてこれらのアプリケーションをインストールするデータベースやユーザーがアクセスするサーバーなどの整備を行うのがバックエンドエンジニアとなります。

    つまりシステムエンジニアさんが行う裏方のようなお仕事がバックエンドエンジニアと理解できます。

    メカに強いイメージがするのもバックエンドエンジニアの特徴だと考えます。

    このように広い意味でウェブエンジニアの業務範囲を考えた場合、サーバーやデータベースの構築などシステムエンジニアの仕事を担当する場合もあるのでしょう。

    しかし求人サイトなどで一般的にWEBエンジニアの仕事内容を指す場合にはアプリケーションの制作とプログラミングを対象とするケースが多い印象です。

    なのでアプリの企画・開発や制作をメインとした業務をWEBエンジニアと定義されていると考えます。

    webエンジニアの魅力とやり甲斐

    WEBエンジニアのやりがいと魅力をまとめてみます。

    WEBエンジニアのやり甲斐
    • アプリケーションの企画立案から開発を手掛けることができる。
    • 自分が開発したアプリ・ソフトウェアがクライアント・ユーザーの手に渡り仕事や生活の質の向上に貢献できる。
    • 開発したアプリをスマートフォンのダウンロードストアでリリースされているのを見てニヤニヤできる。
    • アプリのレビューなどユーザーの反応をじかにチェックできる。
    • 高収入が期待できる。
    • 制作会社で経験を積んだのちに独立・起業への道を選択できる。

    このような魅力にあふれるWEBエンジニアの仕事ですけれど厳しい側面はないのか考えてみます。

    WEBエンジニアの厳しさ

    やりがいもある一方で、仕事の厳しさと対応しなければならないWEBエンジニアの大変な部分をまとめてみます。

    WEBエンジニアの苦労と大変さは?
    • つねに新しいトレンドをチェックし知識を取り入れていく必要がある。
    • クライアントからの仕様変更と要求への対応力。
    • 納期への対応。
    • 想定どうりにプログラムが動かない場合のトラブルシューティングとアプローチ。

    そのほか膨大な案件を抱え激務に忙殺されるケースも十分考えられます。

    やりがいもありますが採用された職場の条件次第で厳しい環境に対応しなければならないのもウェブエンジニアの一面であることは想定しておく必要があります。

    もしプログラミングやWEBエンジニアの作業が自分にとって適性のある職業なら、やり甲斐の持てる仕事であることは間違いないでしょう。

    WEBエンジニアの年収は?

    WEBエンジニアを目指すにあたって気になるのは年収ですよね。

    エンジニアの収入を調べてみた結果、年収の高い順に3つの分布層があることが分かりました。

    データとして参考にしたのはFind JobというIT・WEB業界に特化した求人情報サイトさまがまとめられている情報を活用させていただきました。

  • 400万~499万円 全体の38%
  • 300万~399万円 全体の24%
  • 500万~599万円 全体の21%
  • 全体平均 456万円

    以上の結果であることが分かりました。

    リアルなウェブエンジニアの求人情報から月収や年収実態を探ってみるとへ金給与額は527万円という結果です。

    なお大手企業や制作会社でのプロダクト開発リーダーなどの役職であれば年収1200万円という求人も確認できます。

    機会学習やAIのテクノロジーはどんどん活用される環境になってきているのは明らかです。

    小学校でのプログラミング学習にアプリを活用する授業が行われるのも想定できます。

    つまりWEBエンジニアの需要が高まってきているという見方ができます。

    WEBエンジニアには資格は不要?

    WEBエンジニアに資格は不要なのでしょうか?

    この疑問に対しての答えは採用される企業の条件次第になります。

    しかしある意味WEBエンジニアは専門職とも言えるので情報技術系の資格や専門知識を備えていると就職や転職に有利なことは間違いないと考えます。

    あらかじめ基本的な知識と技術が備わっていれば即戦力として現場に貢献出来そうです。

    そんな意味ではウェブエンジニアを目指す上で持っておいて損はない資格は存在します。

    有利な情報技術資格

  • 基本情報技術者
  • 応用情報処理技術者
  • PHP5技術者認定試験(初級・上級準上級)
  • HTML5プロフェッショナル認定資格
  • でも実際に上記のような資格を取るためには情報技術系の大学や専門学校に入学する必要があります。

    費用もかなり掛かりますし、卒業まで数年は要します。

    けれど企業や事業所によっては知識ゼロの段階からWEBエンジニアを育成する学習環境が整っている職場も存在します。

    実際に転職・求人サイトで【Web アプリ エンジニア 未経験】と検索してみるといくつかの制作会社・企業さまが学歴や資格を不問としている案件をみることができます。

    転職サイトで求人をチェックしてみる。

    IT・Web・ゲーム業界のエンジニア転職なら【Tech Stars Agent】

    つまりプログラミング未経験や学歴の有無は採用される制作会社の条件と環境次第ということになります。

    おそらく採用する事業所側の視点としてはウェブエンジニアの仕事にチャレンジする気持ちを重視しているのではと推定します。

    すなわちやる気さえあれば未経験や初心者は問題にならないと判断しているワケですね。

    ということであればいくら大学卒の学歴があっても適性がなければ意味がないということになります。

    なので専門的な知識がないプログラミング初心者さんでも目指す気持ちがあるならエンジニアになることは夢ではないし可能であると言えます。

    webエンジニアにはどんな適性とスキルが必要?

    いくら学歴や資格、プログラミングの知識がゼロの未経験者でもエンジニアになれると言っても問題なのは適性です。

    やはり人には向き不向きがありますので自分に適性があるのか理解することも必要です。

    そこでどんな適性がウェブエンジニアに求められるのか調べ内容をまとめてみます。

    • コンピュータや新しいテクノロジーに関心を持っている。
    • コツコツと積み上げていく作業が苦ではない。
    • 集中して作業ができる。
    • 問題発生の原因に対してアナライズできる。

    またクライアントとの打ち合わせやプロダクトの方針が変わることも制作現場では多く、チーム内や依頼先との調整なども頻繁に発生することからエンジニアにはコミュニケーション能力が必要とされます。

    iT関連の高い技術力や知識に加えて対話能力も適性として必要だと言えそうです。

    ◇WEBエンジニアに必要とされるスキル

    メンタル面での資質以外に技術面での必要スキルについて確認してみました。

    WEBエンジニアが抑えておく知識や技術として下記のスキルがあります。

    • プログラミング技術と知識
    • ネットワーク構築技術
    • PHP・HTML・CSSそれぞれの体系的な知識

    これらはWEB系のごく一部のスキルですがこのような学習を効率的にどのように学ぶことが出来るのか考えて見ます。

    WEBエンジニアになるための基礎知識はどうやって学ぶ?

    WEBエンジニアとして仕事をこなすためにはまず基礎知識の習得が不可欠です。

    IT業界で働くための知識習得の方法としてどんなアプローチができるのかまとめます。

    • 情報技術系の専門学校・大学で学ぶ
    • 独学で習得する
    • 未経験可の求人案件に申し込みIT業界に飛び込む
    • インターネットなどのラーニングシステムで学習する
    • プログラミングスクールで学ぶ

    以上のようなアプローチが考えられます。

    すでに高校を中退してしまっている方や最終学歴が中学卒業資格の方であれば専門学校や大学で知識を得る方法は除外することになります。

    けれど夢をあきらめる理由にはなりません。

    やる気があれば専門学校以外にもプログラミングを学ぶことは可能だからです。

    中には独学で難しいプログラミングや言語をマスターするツワモノさんもいらっしゃいますがこんな人はごく一部です。

    もし初心者でも自信があれば学習環境が整っている求人を探しWEBエンジニアを目指すことも可能です。

    けれど最初は分からないことだらけですし、そんな心理的に不安な状態で就職しても長続きできないのではないでしょうか?

    学習環境が整っていたとしても理解が付いていかないと意地の悪い上司や先輩にバカにされたりする可能性もあります。

    よほど自信がなければプログラム未経験での採用はちょっと難しいのではと思います。

    もしプログラミングが未経験でこれからWEBエンジニアを目指すならプログラミングスクールにメリットがあると考えます。

    プログラミングスクールで学ぶ費用とメリットは?

    プログラミングスクールではWEBエンジニアに今必要な言語や知識だけを効率的にカリキュラムにまとめた方法で学習することが可能になっています。

    そんなプログラミングスクールの費用はだいたい40万円前後が相場の様子です。

    もちろん40万円以上のカリキュラムを提供するスクールも存在します。

    おそらくこの金額を安いと思える人はなかなかいないと思います。

    この金額が妥当なのかを考えるために自動車の運転免許の費用を検討してみましょう。

    現在では教習所で車の免許を取ろうとすると約30万円が一般的な相場です。

    たとえば運転免許が必要なドライバーの仕事を目指した場合、その平均年収は455万円という結果です。

    このように比較してみると年収の400万円以上を稼ぐための投資としてはプログラミングスクールの40万円からの費用は必要経費として妥当な金額と考えてよいでしょう。

    金額として考えると確かに安くはないですが、情報技術系の学校なら十倍以上の学費を納めなければなりません。

    しかしその十分の1ほどの授業料と期間でWEBエンジニアに必要な知識をプログラミングスクールで学ぶことが出来るのは大きなメリットではないでしょうか?

    独学は挫折しやすいと聞きますし、未経験で採用されるのも不安ばかりです。

    こんな風に考えるとプログラミングスクールで学ぶ方法がいちばん現実的です。

    プログラミングスクールの中ではWEBエンジニアに転職できなかった場合、学費を全額返金する制度を設けている学校も存在しています。

    これなら高いと感じていた授業料がムダになることはありません。

    学習期間も大学や専門学校のように数年もの期間拘束されることはありません。

    その気であればすでに社会人になっていても学習することは可能です。

    そんな希望を与えてくれるプログラミングスクールがDMM WEBCAMPです。

    DMM WEBCAMPなら夢だったIT業界へ転職することも不可能ではありません。

    下記のページでDMM WEBCAMPの就職保証制度が本当かどうかもチェックしています。

    ぜひあなたの夢の為に役立ててください。

    DMM WEBCAMPでIT業界へ転職できる?就職保証って本当?

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA