シェルPontaクレジットカードを契約した理由は? カーユーザーにメリット満載!

柴犬のてれちゃん
この記事ではクルマを日常的に利用するドライバーの視点でクレジットカードを選んだ結果【シェルPontaクレジットカード】をピックアップし契約を検討する価値があるのかメリットや特長などを解説しています。

クレジットカードを契約するときはいろいろなカード会社があり迷ってしまうものです。

ぼくもこれまでいくつかのクレジットカードを契約しては解約を繰り返してきました。

つい最近も携帯電話会社の【au】で契約したクレジットカードの解約を検討することになり代替にシェルPontaクレジットカードを契約することにしました。

auスマホの解約とwalletクレジットカードの問題!代替えにシェルPontaカードは?

2019-07-26

シェルPontaクレジットカードはガソリンスタンドを経営する昭和シェルが発行するクレジットカードです。

ぼくは日常的にクルマを運転するカーユーザーですのでシェルPontaカードでガソリン代を安く給油できるメリットがあると考えました。

しかしぼくがシェルPontaクレジットカード選んだ本当の理由は給油が安くなるメリットだけではありません。

ではなぜぼくがたくさんのクレジットカードサービスがあるなかでシェルPontaクレジットカードをピックアップすることにしたのか詳しい経緯を記事のなかでお伝えします。

すぐにシェルPontaクレジットカードの詳しい内容をチェックしたい場合はこちらから公式サイトの案内個所へジャンプしていただけます。

シェルPontaクレジットカードを選ぶ理由は?

ぼくがシェルPontaクレジットカードを選んだ理由をまとめてみます。

  • ガソリンの給油が安くなる。
  • ポイントの還元率が良い。
  • 年会費が無料。
  • 契約関係に縛りがない。

ぼくがクレジットカードに求める条件は上記のような内容でした。

この条件に当てはまるクレジットカードを探したところぴったりだったのがシェルPontaクレジットカードだったのです。

以前、支払いに利用していたauのwalletクレジットカードの条件は悪くはなかったのですがauケータイの契約に紐付されていることがデメリットとして浮かびあがってきました。

もうイメージつくかと思いますがauのスマホを契約しているからau walletクレジットカードを利用することにメリットがあります。

しかしauスマホを解約することが必要になりクレジットカードに年会費の発生と利用ポイントが付かないというデメリットが判明しました。

そこでスマホの契約に縛りがないクレジットカードの環境を用意しておく必要があると判断しシェルPontaクレジットカードにたどり着いたというワケです。

シェルPontaクレジットカードなら契約上の縛りは年に1回でもシェルスタンドでガソリンを給油すれば良いだけで年会費などの制約はありませんから検討できるカードだと思います。

ポイントの還元率も最低でも1パーの条件になっているので100円の支払いに1ポイントが発生する仕組みです。

ローソンやシェルスタンドなどの提携店での利用なら2倍の還元率になっているので楽天カードと比較しても悪くない条件です。

個人的な印象としては車を所有するマイカーユーザーさんにメリットがあるイメージを持ちます。

カーユーザーにメリット満載!

もしお車をこれから所有する予定があるならシェルPontaクレジットカードを持っておくとガソリンも安く給油できるメリットがあり特典も満載です。

ではカーユーザーにどんな特典とメリットがあるのかまとめてみます。

  • ガソリンの給油で3000円分のポイント特典をゲットできる。
  • ガソリンの給油が便利になる【シェル イージーペイ】を利用できる。
  • 年一回のシェルスタンドの給油で年会費が無料。
  • ETCカードの年会費は無料。

このような特典がシェルPontaクレジットカードにはあるのでぼくはメリットを感じました。

それぞれの内容を詳しく説明します。

3000円分のポイント特典を獲得する方法

シェルPontaクレジットカードを契約する特典として一番大きなものがこの3000円分のポイントプレゼントです。

この特典をゲットするには注意事項があり頭に入れておく必要があるので詳しく説明します。

  • カード発行から翌月までの2か月間。
  • 一回につき10リットル以上の給油。
  • シェルポンタカードのWeb会員サービス「Net Branch」への登録が必要。

これらの条件を押さえておくことで合計3000円分のポイントを1000ポイントづつ給油によって獲得できます。

建前上は2か月の期間制限が付いてますがウェブ会員サービス【ネットブランチ】の登録によって半年間の猶予期間が設定されるのでほぼ獲得できる条件でしょう。

ネットブランチの登録にはカード番号とクレジットカード送付時の台紙に記載される8ケタのIDナンバーが登録に必要です。

台紙はうっかりして廃棄してしまいがちなのでちゃんと保存しておきましょう。

ガソリンの給油が便利になる【シェル イージーペイ】について

ガソリンスタンドでの給油時に面倒な作業がクレジットカードを提示したり端末に差し込むことです。

そんなことぐらいって思いますか?

ぼくは結構面倒に感じます。

だってクレジットカードは普段から専用のカードケースにしまっていて、そのカードケースはカバンの中に仕舞い込んでいます。

そしてドライブ中にカバンは後部座席に置いてしまったりするのでスタンドに給油のために車を入れたときにパパパッとクレジットカードを出せないときが多くあります。

けれどそんな面倒をシェルPontaクレジットカードが解決してくれるのです。

その存在が【シェル イージーペイ】いうツールです。

この【シェル イージーペイ】はクレジットカードの情報を紐付ておくことができるので給油の時にカードを使用せずに決済ができるのです。

便利だと思いませんか?

似たようなツールではアマゾンのダッシュボタンがイメージしやすいのではないでしょうか?

ボタンをポチッとするだけでいつもの洗剤が注文できるダッシュボタンも決済とアカウント情報が登録される仕組みでいちいちクレジットカードを取り出してパソコンで支払い手続きをする必要ありません。

【シェル イージーペイ】も同様の仕組みになっているのでスタンドの端末にかざすだけで支払いが完了できます。

クレジットカードの利用で怖いのはスキミングとかのトラブルと悪用ですよね?

最近はセルフスタンドも増えてきてますが旅行やドライブで田舎にいくとまだまだ店員さんにカードを預けることも多いです。

日本人は基本的には性善説に立っているのでスキミングとかの悪用に対してそれは無いやろーと思うかもしれませんがやっぱり用心するに越したことはありません。

ですから時短という意味でもセキリュテイという観点でも【シェル イージーペイ】は役立つと思ってます。

もちろん【シェル イージーペイ】での支払いによってクレジットカードを利用した場合と同じようにポイントが還元される仕組みです。

年会費について

クレジットカードとETCカードともに年会費は実質無料になる条件です。

ETCカードについては完全に無料となりますが。メインのクレジットカードは年会費が1250円発生します。

しかし年に1度でも提携店のシェルスタンドでガソリンを給油する条件で年会費はありません。

つまりカーユーザーなら持っていてもデメリットは無いワケですね。

過去にクレジットカードを作るうえで失敗したと思ったのはETCカードに年会費500円が必要だったことです。

500円くらい・・・と思わなくもないですがこんな意識だとポイントの還元率の良いカードを選んだ意味が無くなります。

わずか1パーセントのポイント還元率で貯まるポイントは月の支払い総額が5万円なら500ポイントになるワケです。

つまり一生懸命ためたポイントを一か月分無駄にしてしまうことになります。

だからぼくはETCカードの年会費を徴収するカード会社は正直言ってまったく興味をもつことができません。

シェルポンタクレジットカードの残念なところ

シェルPontaクレジットカードの残念なところが判明しました。

  • 【おさいふPontaカード】へポイントを移動できない!

コンビニのローソンで発行されているプリペイド式カード【おさいふPontaカード】へポイントを移動できないと分かりました。

つまりシェルPontaクレジットカードでせっせと貯めたポイントをおさいふPontaに移してアマゾンのショッピングに利用できるのではと考えていました。

いまも情報を集めている状態ですがPontaカード専用の公式サイトで実際に移動の手続きをやってみましたがシェルクレジットカードからおさいふPontaへのポイント移動関係はできませんとの結果です。

引き続き確認を継続したいと考えていますが、まだ実際にシェルPontaクレジットカードにポイントは溜まっていないだけなのかもしれないです。

仮にポイントをおさいふPontaに移動できなくても問題ありません。

シェルガソリンスタンドで給油をポイント分で利用すれば良いだけだと気付いたからです。

たぶんぼくの年間のクレジットカードの利用環境だとマイカーのスズキソリオのガソリン給油を年1回タダで満タンにできるだろうと計算しています。

まとめ

車を所有すると自動車保険や車検、ガソリンスタンドでの給油などいろんな場面でまとまった金額の支払いが発生します。

そんな環境でクレジットカードはクルマを運転するドライバーなら持っておきたいツールのひとつではないでしょうか。

クレジットカードの特典や特長はさまざまで、ポイントの還元率も違いがあるのでもし0.5%の還元率のカードを利用してるのなら絶対に見直しをするべきです。

そのうえでどんなカードをピックアップすれば良いのか分からないと迷っているならぼくはこのページでお伝えした【シェルPontaクレジットカード】をおすすめします。

0.5パーの還元率のカードと比べて年間で貯まるポイントは倍ほど差がついてきますし、車を運転するドライバーならデメリットはありません。

ぼくはつい最近、ホンダのN-BOXからスズキのハイブリット車のスズキソリオに乗り換えることになり愛犬の柴犬【てれちゃん】とお嫁ちゃんを連れてこの夏はキャンプに行こうと計画中です。

N-BOXに比べてソリオは燃費性能は意外にも良い条件ですがやはり心配なのは原油価格の高騰です。

アメリカと中東の関係もまだこれからどうなるか分かりません。

その影響でガソリン価格も変動するので今後安くなることはまずないだろうと考えています。

ですからガソリン価格の高騰への準備としてもシェルPontaクレジットカードは役立つのではと思います。


ぼくがガソリンで得するクレジットカードとして選んだシェルPontaカードはこちら↓↓↓

>>>【Ponta最強クラス】シェルPontaクレジットカード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA