未経験者のプログラミング学習には挫折しない環境が重要!メンターは必須?

アマゾンやグーグルなど世界的な大企業がインターネットをプラットフォームに展開するWEBサービスによって私たちの生活はより便利になり、なくてはならないものになってきました。

2007年に登場したアップルの携帯端末【iPhone】を筆頭に携帯電話がスマホへと移り変わり、ますますインターネットの利用とアプリケーションの魅力が高まっていきます。

こうしたコンテンツやアプリ、ECサイトなどを作成し提供していく仕事がウェブエンジニアとなります。

今後はさらにIT分野やデジタル技術を活用したサービスはより必要とされるのは想像に難しくありません。

エンジニアの需要は高まっていると言われながら人材が不足しているのが現状です。

ですからいま将来性のあるエンジニアを目指すのは賢明な選択ではないでしょうか?

しかしウェブエンジニアの活躍の場が広がることが予想されても誰でも簡単に目指せるワケではありません。

それはプログラミングという知識と技術が必要となるからです。

こうしたウェブエンジニアを目指そうとする人たちが必要な知識を学ぶことができるのがプログラミングスクールです。

そんな中でエンジニアになる夢を持ちながらもカリキュラムについて行けず挫折する人が少なくないのが実態のようです。

高額な授業料を払っているにも関わらずエンジニアとプログラミングスクールに挫折してしまう理由が気になります。

本人のやる気の問題でしょうか?

それともプログラムスクールの選び方がそもそも間違っていたということも考えられます。

難易度が高く挫折するケースが多いと言うプログラミングと似たようなイメージが出来るものに、ぼくはギターの存在が浮かび上がります。

これまでギターを始めたいと意気込んだ友人の中には、コードが押さえられないと嘆き、泣く泣く挫折してしまう人が多くいました。

もちろんぼくもそんな人間のひとりでした。

けれどもぼくは何度も挫折しそうな経験をしながら環境を整える工夫がギターの継続に必要不可欠だと痛感し、このことを意識し継続してこれました。

たしかにギターの難易度とプログラミングを一緒にはできないですけれど挫折しがちという点では同じではないかと思ったのです。

そこでエレキの継続で培った経験を参考にウェブエンジニアを目指すために挫折しない方法などを検討した結果、充実したサポート体制を持つスクールを選ぶことが重要だという結論を得ました。

そこで取り上げたスクールが全額保証制度を持つDMM WEBCAMPです。

DMM WEBCAMPなら未経験者のプログラミング学習に必須と言える挫折しない環境が充実していてアドバイスを送るメンターがキャリアアドバイザーとして存在します。

このページでウェブエンジニアに夢を持っているけどプログラミングの難しさに挫折してしまうかも?と不安を持つ人の力になれればうれしく思います。

先にDMM WEBCAMPのくわしい特徴やメリットをチェックする!

プログラミングスクールで挫折する理由は?

キャリアアップのための必要経費とは言え高額な費用をかけてプログラミングスクールに入学するんですからスクール選びで失敗したくありません。

2020年には小学校でも必修となるプログラミングにこれからのキャリアアップや転職に可能性と期待を寄せる方も多い一方で、スクールに入校し痛い目に会うケースも見られます。

容易に想像がつきますが、何がわからないか分からないという状態です。

徐々にカリキュラムについて行けずにモチベーションもガタガタになりフェードアウトしていく人も少なくないようです。

こうした状況と原因をギターの練習と継続に例えて考えてみたいと思います。

ギターなんて興味ないし、関係ないよ!と思わずにちょっとだけ付き合ってください。

なるほど!と思ってもらえる気づきがありますから。

挫折の結果がメルカリの出品物の数々

突然ですが、ヤフオクに並ぶフリマアプリとして人気のメルカリを利用されたことはありますか?

メルカリのギターカテゴリをチェックしてみると初心者モデルのエレキがほとんど新品状態で出品されていたりします。

おそらく友達とバンド組もうぜ!と盛り上がりエントリーモデルのエレキを買ったものの練習がつまらなくなり辞めてしまったのでしょう。

つまり挫折してしまったんですね。

アーティストやギタリストに憧れてUSA製の数十万円もするエレキを買ったものの難しいと言われるFコードが押さえられなくて挫折するパターンはまさに【あるある】です。

このようにせっかく高価なギターを買ったのに途中で投げ出す人は本当に多いです。

こんな現象はギターだけではありません。

ダイエットやトレーニングのグッズもメルカリを見ればたくさんチェックすることができます。

つまりダイエットもギターも継続することができず途中でやめてしまうケースがほとんどなんです。

誰だって最初は意気込んでやる気に満ち溢れていたはずです。

こうした挫折するケースにはもちろん原因があります。

本人のやる気だけの問題ではないんです。

それは挫折しないための環境づくりを始めに整えておくかどうかなんです。

ギターを挫折してしまう背景と原因

独学でギターをマスターしようとするとほとんどの場合、教則本を書店で購入してきて練習することになります。

するとどんなにがんばっていてもやっぱり分からないところは出てきますよね?

初心者なんですから当然です。

けれど質問できる環境があれば当然、結果は違います。

例えばマンツーマンでレッスンを受けることができるギター教室に通う方法なら教則本では見えなかったコツやリズムの取り方がリアルに学ぶことができますよね。

平面的だった独学での練習がリズムにあふれた躍動感のある練習に発展する瞬間です。

「分からない!」が「音楽って楽しい!」に変われば練習そのものが苦痛にはならないです。

けれど独学だったらどうでしょう?

ひとつのつまずきがどんどんギターや音楽を楽しくないものにしてしまいます。

こうした気持ちがさらに練習を後回しにさせます。

明日でも良いかな?

テレビを見てからにしようとかついついサボってしまいますよね?

その結果がメルカリで売られているギターの数々です。

でもマンツーマンのレッスン方式を取るギター教室ならいつでも先生に質問ができて挫折の防止になります。

その逆の存在がグループレッスンですね。

何名かの生徒が参加しているので恥ずかしくて質問できなかったりします。

大事なことはギターをマスターすることであって、そのための継続する環境が初心者の段階では何よりも大切だと考えます。

たしかにギター教室のレッスンを受けることで費用はかかります。

教則本だったら数千円で済みますが、レッスンならその何十倍も費用はかかります。

でも独学にこだわるあまり途中でやめてしまっては本当に意味がありません。

プログラミングを学ぶ最終ステージの目標は?

プログラミングを学ぶ最終ステージとギターの演奏技術の習得に当てはめて考えて見ます。

ではあなたにお尋ねします。

ギターを学ぶ最終ゴールはどんなステージを想像しますか?

・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

ぼくが考えるギターのゴールは作詞・作曲、演奏のすべてが出来るようになることだと思ってます。

いわばシンガーソングライターのような存在です。

自分で楽曲を制作し演奏もこなすアーティストです。

ギターはあくまで表現方法の一つであり自分の想いを伝えるための手段と言っても良いでしょう。

このアーティストと同じ職域を持つのがウェブエンジニアと言えるのではないでしょうか?

つまりアプリやソフトウェアの企画立案と設計、プログラミングを全てこなせる存在です。

そのステージに向かうための手段と方法がプログラミングスクールではないでしょうか?

挫折しない環境の一例としてギターの継続と教室で受ける対面レッスンにフォーカスしましたがプログラミングスクールでも同じことです。

つまりカリキュラムを効率的に学ぶことができて挫折しないためのサポート体制がしっかりしているスクールを選ぶことが重要です。

ウェブエンジニアを目指すうえで適性と熱意も大切?

もちろん自分自身の適正と熱意をしっかりと把握することも大切です。

「やってみたいな」

「アプリやウェブサービスを作れたらかっこいいな」

「オレもIT業界でホリエモンみたいに一旗上げたい」

こんな気持ちだけでウェブエンジニアになれるほど甘い世界ではありません。

もちろん覚悟を決めること、適性もしっかり見極めることも大切ですが、やっぱりチャレンジしてみないと本当のところは分かりませんよね?

友達から思い白いからと薦められたゲームを何気なくやってるうちにむちゃくちゃハマってしまったなんてことありませんか?

恋愛でも似たようなケースがありますよね?最初はまったく興味なかった人にどっぷり好きになったとか。

なので最初の段階ではちょっと興味があるとか「やってみたいなー」のレベルでも問題はありません。

動機は不純でもいいんです。

ジョンレノンだってギターを始める前まではただの初心者でした。

ロックスターになるような人がギターを持つ前から「俺に果たしてギターがマスターできるだろうか?」なんて正座して自問自答しますか?

あいみょんがアコギを買う前からそんなことしたとは思えません。

要は続けられる仕組みがあれば良いのです。

プログラミング学習にはメンターが必須!

なのでサポート体制がしっかりしてしているスクール選びがウェブエンジニアを目指すキモになる点ではないかと思います。

こんな問題をクリアしているのがプログラミングスクールが【DMM WEBCAMP】です。

この【DMM WEBCAMP】では講師にいつでも質問できる環境と専任アドバイザーがメンターとして存在します。

手厚いサポートはもちろん、高額なプログラミングスクールの受講費用のハードルが低くなる制度が存在します。

それが全額返金保証の制度になり、もし万一就職・転職できなかった場合に適用される保証制度です。

このDMM WEBCAMPについて下記のページで詳しくチェックしています。

ぜひ参考にしてください。


DMM WEBCAMPのくわしい特徴やメリットをチェックする!↓↓↓

DMM WEBCAMPの特徴!IT業界へ転職は可能?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA