OCNモバイルONEのMNP乗り換え方法!複雑な開通設定のデメリットも解決

スマホ代を安くできる格安SIMの【OCNモバイルONE】をauからMNPで乗り換えしました。

格安SIMのサービスはたくさん登場してきたのでどれが良いのか迷いますよね。

ぼくはSIMカードの契約と端末をセットで購入することでアイフォン7を相場よりも安くなると知りOCNモバイルONEを選びました。

(ぼくが購入したのは中古端末です。)

格安SIMはソフトバンクやドコモなど大手携帯会社のプランと比べて月額料金が大幅に安くなるのがメリットです。

けれど切り替えが難しそうなMNP開通と格安SIMの設定をデメリットに感じ「挫折しそう」、「自分には無理」と考えてしまうことも多いのではないですか?

じつはぼくもそんな不安を感じていた一人です。

でもやってみると意外に難しくもなく回線の切り替えと設定はだいたい60分もあれば完了します。

実際の設定のなかで目にする用語にプロファイルやAPNといった難しいイメージのワードが出てきますが心配はありません。

OCNモバイルONEには設定マニュアルやサポートサービスなど環境も整っているので確認しながら進めることができます。

実際ぼくは説明書も良く確認せず感覚的に設定を終えてしまい良く覚えていません。

ですからもう一度振り返りながら設定方法をまとめておきたいと思います、

この記事を読んでいただくことで・・・

  • 格安スマホに興味があるけど設定が自分にできるのか不安。
  • OCNモバイルONEのMNP開通と設定方法を知りたい。
  • OCNモバイルONEを契約することで得られるメリットを知りたい。

こんなニーズを満たしていただき格安スマホが持つ開通設定の難しさというデメリットを解決してもらえるのではと思います。

OCNモバイルONEにMNP乗り換えの方法

まず大まかに手順を説明しておきます。

  1. MNP転出番号の取得
  2. OCNモバイルONE公式ページでMNP本登録
  3. 端末の開通設定

この手順をみて「なんだが面倒臭そう・・・」と思いました?

でもこの面倒をユーザー側で対応してもらうことで会社の人件費をカットし通信回線をリーズナブルにしているのが格安シムの仕組みです。

一つづつの行為は決して難しくはありませんので安心してください。

では詳しい説明に入ります。

OCNモバイルONEへの申し込みとMNP転出番号の取得

OCNモバイルONEを申し込むために準備しておくものが下記の3点です。

メモ|OCNモバイルONEの申し込みと契約に必要な物
  • クレジットカード
  • 免許証などの本人確認証
  • MNP転出番号

クレジットカードは10月からの消費増税への対策としてキャッシュレス決済なら軽減税率を受けることができるツールですからぜひ発行しておきたいところです。

ぼくはガソリンをお得にできる【シェルPontaクレジットカード】をメインカードとして利用しています。

ポンタポイントも貯まりいろいろと活用できるのでメリットを感じています。

こちらの記事で詳しくレビューしています。

シェルPontaクレジットカードを契約した理由は? カーユーザーにメリット満載!

  • MNP転出番号の取得

auで利用していた電話番号をOCNモバイルONEへ引き継ぐのでMNP転出番号を入手します。

回線契約しているauのサポートセンターへ電話をかけ対応していただきます。

OCNモバイルONEの申し込みページに各電話会社のMNP転出番号を取得する対応窓口の電話番号が記載されているのでここでは掲載を省きます。

転出番号を書き留めるためにメモとペンを用意しておきます。

契約予定の電話番号にもSMSメッセージで転出番号も届くのであらためて確認することも可能です。

この転出番号を取得する手続きはOCNモバイルONEの申し込みの途中にも対応できますし、あらかじめ対応しておくこともできます。

転出番号の有効期限があり10日間となります。

OCNモバイルONEの申し込みページに取得したMNP転出番号を入力します。

全ての申し込み手続きをOCNモバイルONEで完了するとウェブページ上で会員登録証が発行されます。

この登録証に記載される情報をもとに最終的なMNP開通設定を行うので必ずパソコンにダウンロードします。

どこのフォルダにダウンロードしたのか忘れる心配があるならデスクトップに資料を置くか印刷しておくのも良い方法です。

OCNモバイルONEから登録証は紙媒体での郵送はありませんのでご注意ください。

OCNモバイルONE公式ページでMNP開通手続き

注文したアイフォンとSIMカードが到着したタイミングでMNP開通の最終手続きを行いました。

OCNモバイルONE公式サイトにアクセスしパソコンへダウンロードした会員登録証の情報でログインしMNPの開通を行います。

OCN公式ページで開通設定を詳しく解説したPDF資料を参考にできます。

>>>OCNモバイルONE開通設定マニュアルはこちらからどうぞ!

郵送されたSIMカードにも開通設定を案内する資料が同封されてます。

【同封されていた開通設定マニュアルとSIMカード】

すでにOCNモバイルONEの申し込み段階にて取得したMNP番号を入力しているのでわずか数分の作業となります。

まずOCNモバイルONEの契約時にダウンロードしている会員登録証の情報をもとにマイページへログインします。

利用する情報はつぎの項目です。

  • OCN ID→OCNメールアドレス
  • OCN IDパスワード→メールパスワード

ログインへの方法はすでに自宅へ郵送されている端末とSIMカードに同封されている手続き書類にQRコードも掲載されているのでタブレットなどからダイレクトにログインが可能です。

購入したばかりのアイフォンだとインターネットを利用できる状態に設定しておく必要があります。

ですから普段使っているパソコンあるいはタブレットからの手続きがスムーズに対応できるかと思います。

いずれの方法にしても会員証に記載されているOCNメールアドレスとパスワードのアカウント情報を入力します。

マイページへのログインが正常に完了したあとはMNP開通させる電話番号を選択し申し込みボタンをクリックしau⇒OCNモバイルONEへの回線切り替えはこれで完了です。

あと残る設定は端末の開通作業です。

端末の開通設定|SIMカードをアイフォンに装着

セット購入したアイフォン7をOCNモバイルONEのSIMカードで開通する設定方法をまとめます。

主な流れとしては次のようになります。

  1. 郵送されたSIMカードを台紙から切り取る
  2. 開通するアイフォンにSIMカードを装着
  3. アイフォンにプロファイルをダウンロード

注意事項としては旧端末の設定を引き継ぐ場合にはアップルIDなどのアカウント情報やバックアップの準備が必要です。

忘れずiCloudにバックアップを取っておきましょう。

ではそれぞれの工程を詳しく説明していきます。

  • SIMカードを台紙から切り取る

SIMカードは残念ながら端末にセットされていないので自分で台紙から切り取りSIMスロットに装着しなければなりません。

ですが作業内容としては簡単です。

SIMカードを台紙から取り外すときや装着する際はSIMカードの電極面を汚さないように注意します。

もし手垢などで汚れてしまったらアルコールなどで綺麗にふき取りましょう。

今回ぼくが購入したアイフォン7は一番サイズの小さいnanoSIMカードが指定されてます。

指先で小さなSIMカードをつまみながら周辺の不要な台紙を取り除くのはやり難い作業です。

切り取り線もあらかじめ入っているのですが意外とスンナリ台紙から外れてくれないのでチカラを入れ過ぎてSIMカードが湾曲しないように注意してください。

うっかりSIMカードが指から滑り落ちたり、弾みで飛ばしてしまうことも十分に考えられるので気をつけたい工程です。

  • アイフォンにSIMカードを装着

無事にナノサイズに切り取り出来ればスロットに装着し端末にセットします。

SIMスロットを端末から取り出する【SIMピン】はOCNモバイルONEで購入したアイフォンには同封されいませんのでお持ちでない場合は別途用意する必要があります。

無事にアイフォンへSIMカードを装着できれば電源を入れ自宅のワイファイルーターのパスワードを入力しインターネットへの接続を行います。

無事に端末がネット通信できることを確認しアップルIDへのアカウントを紐付けします。

  • アイフォンにプロファイルをダウンロード

OCNモバイルONEの契約でアイフォンを利用するために専用のプロファイルを端末にダウンロードします。

このプロファイルにAPN情報が設定されます。

ぼくはSIMカードに同封されていたプロファイルダウンロード先を示すQRコードをアイフォンで読み取り手順を進めました。

QRコードをもとにカメラアプリあるいはコントロールセンターからアプローチすると自動的にダウンロードページが立ち上がります。

案内に従ってインストールするだけです。

この手順でならAPN情報を手作業で入力する手間もなくスムーズに設定が完了しました。

最低限の設定はここまでです。

メモ|端末の初期設定に必要な情報と準備
  • iCloudへのバックアップ
  • 自宅ネット回線のルーターパスワードを用意
  • アップルIDのアカウント情報を用意
  • OCNモバイルONEのメリットと特長

    OCNモバイルONEを利用することでどんなメリットがあるのかユーザーのひとりとして感じた印象から簡単に説明します。

    OCNモバイルONEの特長
  • 繰り越しできる通信容量
  • 専用アプリで通信モードを節約できる
  • 無料ワイファイスポットサービスの利用
  • 通話料金半額のOCNモバイル電話
  • データ消費せずにアマゾンミュージックを利用できる
  • これらの特長を備えているのでデータ通信量の消費を抑えてアイフォンを活用できます。

    格安SIMのメリットは段階的に設定された通信プランを選ぶことでリーズナブルに利用できる点だと思ってます。

    ぼくが契約したプランなら3ギガの通信容量と通話機能で月額1800円ほどですからまさに格安です。

    でもその反対に通信容量をたくさん消費する利用環境には向きません。

    その点がデメリットに当てはまるのではないでしょうか?

    しかしOCNモバイルONEなら無料ワイファイスポットも利用できますし、アプリで節約モードに設定しておけば待ち受け状態でデータを消費することもありません。

    アマゾンプライムに加入しているぼくはプライムミュージックの視聴でデータ消費しないのも評価ポイントです。

    通話料も半額にできる【OCNモバイル電話】も特別な契約と設定は不要ですぐに利用できます。

    メリットがとても多い格安SIMの印象です。


    OCNモバイルONEの公式サイトはこちらからどうぞ!↓↓↓

    >>>月額972円(税込)からの格安SIM「OCN モバイル ONE」

    まとめ!OCNモバイルONEの感想

    OCNモバイルONEへのMNP乗り換えの方法をまとめてみましたが思っていたより簡単と感じてもらえましたか?

    MNPの切り替え手続きと開通設定を自分で対応するだけで大手携帯キャリアより大幅に安い月額料金でアイフォンを利用することができます。

    節約できる金額は年間で換算するとかなりの数字になるのは間違いありません。

    複数の回線を家族単位でOCNモバイルONEに切り替えればめちゃくちゃお金が貯まります。

    (冗談抜きで!)

    スマホは現在の生活においては【必需品】といえるくらいの存在です。

    でも本来なら生活を快適にするのがスマホの役割りなのに、回線料金が高くてストレスを感じたり経済的な問題を抱えるようではスマホの存在はメリットどころかデメリットにしかならないと思います。

    いくら政府の主導や時代の流れでスマートフォンにシフトしているとはいえムリしてまで大手携帯会社の最新スマホを持つことにぼくは違和感を感じてます。

    そこで検討したいのがここで紹介している格安SIMのOCNモバイルONEです。

    今回OCNモバイルONEで購入したアイフォン7はもうすでに3世代・4世代前になるモデルですけれど、アップルペイも利用できるのでぼくにとっては十分なスペックで満足しています。

    3ギガの通信容量もこれまでの利用環境から考えると毎月余るほどです。

    月初めには前月の繰り越し分と当月の容量分が追加された状態からスタートするので6ギガを利用できる状態になります。

    これなら旅行などで自宅のワイファイ環境から離れてちょっと多く使うような場面でも3ギガのプランで十分対応できます。

    こんな不自由ないスペックと通信容量を持ちながら大手の携帯会社の料金プランに比べると半額以下あるいは3分の1くらいのコストでアイフォンを維持できます。

    MNPの切り替え手続きと開通設定のハードルさえクリアすればコスパに優れたOCNモバイルONEはぜひ試してもらいたい格安SIM・格安スマホだと言い切ります。

    基本料金を安くしておけばアップルミュージックやHulu(フールー)なんかの定額で楽しめる視聴サービスの加入ハードルも低くできます。

    OCNモバイルONEのメリットとレビューは別のページでも詳しく解説していますので興味のある方はぜひチェックしてみてください。

    >>>OCNモバイルONEでMNPのメリット!アイフォン7を体験レビュー。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA