【週記November 1st week】ヒトツブカンロのグミッツェルを堪能〜ワイモバイル仕様iPhoneが2度目の急逝

なんでも無いようなことが幸せだったと思う。

雨の音で歌を唄おう!

11月第1週まとめ【特記事項】

とりとめない内容となるが11月第1週のトピックを取り上げます。

  • ヒトツブカンロのグミッツェルを堪能
  • Echo dotの機能性に感動
  • ワイモバイル端末のiPhone 6s突如壊れる
  • ▼ヒトツブカンロ

    カンロの話題作【ヒトツブカンロ】のバリエーションからグミッツェルと縁起缶キャンディを購入。

    購入のキッカケは前週の週記&月次まとめで取り上げた【ザ・バンド】の映画を観るためにシネリーブル大阪へ行ったあとルクア店内を観光しているときにお嫁ちゃんがヒトツブカンロ店舗を発見。

    Swim in the pool~【映画】かつて僕らは兄弟だった【Monthly and final week of October Summary】

    以前からヒトツブカンロに興味があり買いたかったそうだ。

    店舗をのぞいてみるといかにも女子ウケしそうな可愛いパッケージとデザインでアプローチされたキャンデー類が並んでいる。

    もちろんおじさんはカンロといえば昔からあったカンロ飴のイメージしかない。

    今回はお土産用とは別に自分たちで食べるためにグミッツェルと縁起缶キャンディを購入。

    ▽グミッツェル

    グミ素材にコーティングを施したのがグミッツェル。

    一般的なグミ触感は弱いものの薄くコーティングされた飴みたいな材料が噛んだときにパリパリとする不思議な食感が得られる。

    お味もバリエーション豊富でフルーティーなテイスト。

    ▽【縁起缶キャンディ】 いぬ

    缶にプリントされたイラストがかわいい縁起缶キャンディ。

    我が家にはこのイラストよりもかわいいお犬さまがいらっしゃる。

    店内のショーケースに展示された説明書きに子供の安全祈願がどうとかナントカと書いてあったのでお犬さまの無病息災を祈願し購入した。


    キャンデー実物は小粒のヨーグルト風味。

    美味しいけどこれ一缶で400円。

    むむ。

    食べ終わったあとはギターピック入れに活用予定。

    ▽【カンロ(銘柄コード2216)】の株価

    飴ちゃんを手掛けるカンロは東証2部に上場する企業。

    >>カンロコーポレートサイト

    2020年11月12日現在のカンロの株価をチェック。

    保有したいところだがカンロの株式は100単元となっているので資金は最低でも約15万円は必要。

    現在、資金に乏しい状態なので保有は見送るしかない。

    しかし全く方法がないワケではない。

    証券会社の【ネオモバ】あるいは【LINE証券】を活用すれば1株単位から株式銘柄を購入することが可能。

    一般的な証券会社なら100株単元となり今回のカンロであれば15万円ほどの資金が必要だがわずか数百円程度の資金で投資できる。

    ネオモバでスタートする株式投資の優位性とデメリット【体験談ベース】

    LINE証券が株式投資初心者にもたらすメリット【トレード経験者が評価】

    ▼Echo dotの機能性に感動

    アマゾンのAIデバイス【Echo】に触れるキッカケは愛車のスズキソリオに【Echo Auto】を搭載しようと購入。

    アマゾンEcho-Autoをカーステレオハンズフリー化に導入!残念な結果と使用感をレビュー

    しかしEcho Autoは期待した機能性と動作安定性は得られず利用を断念。

    けれどセットアップを室内で行った際にブルートゥーススピーカに接続しAIと【アレクサ】の音声で指示する環境を体験し自宅内でアレクサを活用したくなりEcho Dotを購入。

    【10-25-weekly】Amazon Prime DayでゲットしたEcho-dotとFire7をセットアップ

    いろいろと便利でおもしろい機能があり現在ほぼほぼおもちゃ状態。

    Echo Dotがあればインターホン代わりにもなるし留守電代わりにもなる。

    言いたいことも言えない世の中ではあるけれど伝えようとする姿勢は必要だと思う。

    ▼ワイモバイル端末のiPhone 6s突如壊れる

    お嫁ちゃんが契約するワイモバイル仕様のiPhone6sが突如として壊れる。

    前日まで問題なく動作していたiPhone6sは翌日の朝、まさにうんともすんとも反応しない状態。

    すなわち完全にお亡くなりになった。

    ワイモバイル端末のiPhoneが突然壊れるのはじつは今回が2度目。

    前回はアイフォン5sが2年目丁度のタイミングでお亡くなりになった。

    あり得ない。

    あくまで個人的な見解だがワイモバイル端末は問題が多い。

    契約状況を調べてみるとちょうど契約更新月に差し掛かったタイミングと判明し他社格安SIMへMNP乗り換えを奥方どのへ提案。

    提案したのはKDDIグループが運営の【BigLobeモバイル】。

    BigLobeモバイルはiPhoneSE2の端末価格もリーズナブルで購入できるところを評価し乗り換えを検討していた格安SIMサービスのひとつ。

    iPhoneSE2を節約メリット重視で契約したい?のニーズに応える格安SIM3社の比較【2020年9月版】

    格安SIMの初期設定が不安ならサポート体制充実のBIGLOBEモバイルを推す!【契約者の見解】

    さらにBigLobeモバイルは過去にデータ通信SIMカードを契約し使用感とスペックは把握している。

    なによりiPhoneSE2の購入をワイモバイルからの乗り換えで考えると6000円ほどの費用で購入できる計算が成り立つ。

    計算の根拠はBigLobeモバイルのポイントキャッシュバックとワイモバイルからの乗り換えメリットによって毎月1000円ほどのコストダウンが可能となる。

    コストカット分とポイントキャッシュバック分これらを合算するとおよそ40000円になるのだ!

    この見解を奥方どのに伝えると珍しく他人の意見に耳を傾けワイモバイルからBigLobeへ乗り換えを決断したご様子。

    人間を行動させる原理はメリット次第だと改めて分かった。

    汚職や談合、贈賄などの行為がなくならないハズだ。

    ▼オンライントレード

    ▼株式投資

    ▼【XM口座】FX・日経平均225先物

    ▼次週予定

  • 奥方さまご契約のBIGLOBEモバイルの設定
  • →設定完了

    ビッグローブモバイルで購入のiPhoneSE2を初期設定【MNP乗換え体験】

  • UQモバイルからの乗り換えを検討しイオンモバイルの特徴把握
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA